HOME > 夢を馳せる
長篠城 〜長篠城の攻防と武田氏,奥平氏のその後〜

 今回は長篠・設楽原の戦いの前哨戦となった長篠城の攻防と共に、長篠城を攻めた武田氏と籠城戦を挑んだ奥平氏のその後の盛衰について紹介します。


 長篠城は奥三河の南設楽郡鳳来町長篠にあり、永正5年(1508)に菅沼元成によって築かれました。戦国期にこの奥三河一帯を領していたのは、長篠の菅沼氏と作手の奥平氏、田峯の菅沼氏で、これら一族のことを称して山家三方衆といわれています。
 この山家三方衆は当初今川氏の麾下にありましたが、桶狭間の戦い以後は徳川氏に下ります。奥平氏は元亀2年(1571)武田信玄の三河進出にあたっては武田氏に属し、武田信玄の死後は小豪族の生き残り手段として、どちらが勝っても家名は存続するようにと、一族の間で武田氏と徳川氏に分かれて戦うことを選択します。こうしたことは奥平氏だけでなく、戦国期に強国の間に挟まれた小豪族の宿命であったとも云えます。

 天正3年(1575)武田信玄の跡を継いだ信玄の四男・武田四郎勝頼は、奥三河の失地回復をねらって、1万8千の兵力をもって長篠城攻めを行います。この時、長篠城主・奥平信昌は、寒狭川と三輪川が合流する河岸段丘上の要害地形を頼りに、兵500人と共に長篠城で籠城戦を挑みます。
 長篠城を取り囲んだ武田勝頼は、長篠城の北方、約1kmにある医王寺の背後にある小さな小山に本陣を置きます。現在でもこの本陣跡からは長篠城を眼下に置くことが出来、三方を川で囲まれた長篠城の要害地形つぶさに見ることが出来ます。
長篠城本丸跡
長篠城本丸跡

 武田軍による長篠城包囲を知った徳川家康は、ここで援軍を送らねば折角徳川方についた山家三方衆の信頼を失い、山家衆が再び武田方に寝返ることを懸念して、織田信長に出陣を要請。織田・徳川連合軍3万8千は、5月18日に長篠城から約3km西の設楽原に軍を押し出し、連吾川に沿って陣を構えます。
 この連合軍に対し、武田勝頼は長篠城の押えに3千の兵を残し、寒狭川(豊川)を渡って設楽原に軍を進め、20日には連吾川を挟んで連合軍と対峙します。
21日未明、長篠城の背後にある武田方の鳶ヶ巣砦への連合軍の奇襲を合図に、設楽原では両軍主力部隊によるの戦いが始まりますが、連合軍の鉄砲隊の前に武田軍は敗れ去ります。この時の戦死者は武田軍1万人、連合軍6千人とも云われ、戦いの激しさを物語っています。設楽原で敗れた武田軍の痛手は大きく、この敗戦をきっかけにして武田氏の勢力は次第に衰え、7年後の天正10年には天目山の麓の田野(山梨県東山梨郡大和村)で武田氏は滅亡することになります。
 一方、長篠城を守り通した奥平信昌は天正18年(1590)家康の関東入国と同時に上州宮崎(群馬県富岡市)に移り、その後初代京都所司代を経て、慶長6年(1601)には岐阜加納十万石の大名へと出世、子孫は「松平」の姓を受け、転封を経て豊前国中津城主として幕末に至ります。

 さて、長篠城の攻防と設楽原の戦いの概略について書いてきましたが、この時の戦いに関しては、武田贔屓の一人として、私見ながら幾つかの疑問点があります。
 ひとつは、長篠城を取り囲んだ武田軍が設楽原に出る時に寒狭川(豊川)を渡り、寒狭川を背負う形で戦っています。通常、大河を背後にして戦うのは「背水の陣」として決死の覚悟で戦う時以外、戦術的には良策とはされていません。勝頼はなぜ寒狭川を渡ったのか。
 ふたつめは、武田軍は1万8千、これに対し織田・徳川連合軍は3万8千、2倍以上の兵力差があったにもかかわらず、勝頼はどうして戦いを挑んだのか。元亀2年、武田信玄が三方ヶ原に出陣したときには2万千の兵力を動員していることから考えても、もっと兵力の動員が出来たのではないか。
 こんなことを考えながら、勝頼が本陣を構えた医王寺山から長篠城を眺め、あるいは設楽原の連吾川のほとりで、武田勝頼に思いを馳せてみるのも面白いのではないでしょうか。長篠城は戦い後、城主奥平信昌が居城を郷ノ原に移したことにより廃城となりますが、現在でも本丸周辺に土塁や空掘が残されていますし、設楽原では織田徳川陣地に馬坊柵が組まれ、当時の戦いをイメージさせてくれます。

長篠城:東名高速豊川ICから151号線を北へ約30km、長篠城址前    専用駐車場あり
設楽原歴史資料館:開館時間/午前9時〜午後5時30分
休館日/毎週月曜日,年末年始
入館料 大人300円、小人200円




HOME > 夢を馳せる


近江の城郭に戻る
関連リンク
長篠城
医王寺陣城
馬場美濃守の墓
茶臼山 織田信長本陣
鳶ヶ巣山砦
野田城
新城城

近くの観光
新城市設楽原歴史資料館
新城市竹広字信玄原552
TEL: 0536-22-0673
入館料:300円

長篠城址史跡保存館
新城市長篠字市場22-1
TEL: 0536-32-0162
入館料:210円


近くのお奨めの宿
湯の風 HAZU

新城市能登瀬上谷平4-1
TEL 0536-32-1211
2名利用時 3,650円〜15,750円 /人


旅荘 みつい

新城市豊岡大谷下35-1
TEL 0536-32-1545
2名利用時 12,600円〜14,700円 /人


お薦めの書籍