戦国大名・武将縁の城郭

    織田信長  
安土城
 織田信長の居城、中世城郭の概念を変えた城郭。明智光秀の手によって完成後わずか1年足らずで炎上
宇佐山城
信長が浅井・朝倉軍、三好軍および、比叡山延暦寺と腹背に敵をうけ四面楚歌のなかで、京への道を確保した
虎御前山砦
北国脇往還道を挟み小谷山と対峙する虎御前山の砦、浅井・小谷城攻めの最前線基地
大溝城
湖西地方を押さえ、湖上交通を押さえるための要の城郭の一つ。信長の甥・織田信澄の居城、明智光秀の縄張りで築かれた


 六角氏
観音寺城
云わずと知れた近江源氏の宗家・佐々木六角氏の居城、日本五大山城の一つ
小脇館
六角氏が近江守護職となった初期の居館
金剛寺城
六角氏の居館は、小脇館からこの金剛寺城に移ったのち、観音寺城へと変わる
箕作城
観音寺城と共に東山道を押さえる要衝の支城、六角承禎の居城
和田山城
観音寺城の重要支城の一つ、愛知川以北に対する最前線の城として機能
円山城
六角泰綱(六角2代目当主)の三男長綱の子である西条氏綱が、鎌倉時代末期に築いたとされる


 京極氏
太平寺城
京極氏の祖京極氏信が築城した京極氏初期の居城
柏原城
佐々木京極氏の祖・氏信の居城、京極家の菩提寺には歴代当主の墓が立ち並ぶ
上平館
京極氏の居城は柏原城、大平寺城、上平寺城へと替わる、麓の居館には、今も庭園跡が残る
上平寺城
伊吹山から派生する尾根上に築かれた、京極氏の居城
勝楽寺城
京極氏第4代当主、京極道誉晩年の城、麓の勝楽寺には道誉を描いた掛け軸がある
尼子城
雲州尼子氏の祖となった尼子氏の居城
大津城
京極高次が関ヶ原の陣において、寡兵で西軍の大軍を相手に籠城戦を展開


 大原氏
大原館
近江源氏・四氏(大原氏,高島氏,六角氏,京極氏)のひとつ、大原氏の居館


 高島氏
清水山城
近江源氏・四氏(大原氏,高島氏,六角氏,京極氏)のひとつ、高島氏の居城
朽木城(陣屋)
高島氏の支流朽木氏の居城。朽木氏は明治維新までの580年存続する
西山城
朽木城の背後を固める詰城。若狭街道を監視する機能を担う


    浅井氏
小谷城
江北の雄、浅井家3代の居城
大嶽城
小谷城と峰続きの大嶽山山頂に建つ、小谷城の支城
福寿丸
小谷城とは清水谷を挟んだ尾根上に位置し、小谷城の支城と位置づけられている、賤ヶ岳の戦いで秀吉が改修か
山崎丸
小谷城とは清水谷を挟んだ尾根上に位置し、小谷城の支城と位置づけられている、賤ヶ岳の戦いで秀吉が改修か


 蒲生氏
音羽城
蒲生氏の居城、音羽城廃城後、蒲生氏の居城は中野城に替わる
中野城
蒲生定秀が築いたもので、本能寺の変が起こった時には、安土城にいた信長の妻女たちはここに逃れたという
鎌掛城
音羽城廃城(大永3年3月)後に蒲生氏は二家に別れ、蒲生秀紀が築く。難攻不落といっても過言では・・・・


 小倉氏
小倉城
小倉源氏発祥の地
佐久良城
小倉源氏中興の祖である小倉左京亮実澄の平時の居城
長寸城
平時に使う佐久良城を下の城と云うのに対し、有事の際に使うこの城を上の城と云う
鳥居平城
無名な城郭であるが、その造りは近江でも有数
四ッ谷城
佐久良城の支城、一時期は蒲生氏が領有していた


   柴田勝家
玄蕃尾城
信長なき後、柴田勝家と羽柴秀吉の跡目争いは賤ヶ岳にて衝突、勝家がこの戦いのためだけに築いた
長光寺城
別名瓶割城とも云い、六角承禎父子を相手に、"瓶割り柴田" の勇猛を知らしめた


   羽柴秀吉
長浜城
秀吉が初めて城持ちとなり、今浜を長浜と改めて築城、秀吉の出世城とも云われる
八幡山城
秀吉の甥、豊臣秀次が築いた城
横山城
織田信長と浅井長政のとの戦いでは、東山道と北国脇往還道を押さえる要衝の城として注目


   滝川一益
滝川城
甲賀出身の滝川一益の居城


   前田利家
別所山砦
賤ヶ岳の合戦時に前田利家が築城・布陣


 足利義昭
矢島御所
足利義昭が15代将軍になるまでの約1年あまり居住した
公方屋敷
和田惟政を頼って甲賀にいた頃の屋敷


 和田惟政
和田城
甲賀53家の名門、和田氏の居城。一乗院覚慶(足利義昭)が一時保護を受けていた


    石田三成
佐和山城
"三成に過ぎたるものがふたつあり、佐和山の城と、島の左近" と詠われ、北近江の要衝の地に建つ
石田屋敷
三成出生の地


 明智光秀
坂本城
天正10年(1582)明智光秀が天王山の戦いに敗れた後、坂本城は秀吉の手によって取り壊された。



近江の城郭に戻る