湯村山城
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:甲府市湯村町
別 名 :古城
築 城 :大永3年(1523)
初城主:武田信虎
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堀切,井戸
城 域 :65m×125m
     標高 446m
     比高 約150m


 現地への案内
交通機関は車を利用
湯村温泉、塩沢寺の背後の山

詳細位置はコチラ
 駐車場
塩沢寺の駐車場を利用

【訪 城】2002年8月
【撮 影】2002年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


曲輪と石積み

 現地の状況
 湯村山城へは、湯村温泉の旅館・明治の横から登るコースと塩沢(えんたく)寺の境内から登る二つのルートがある。また山の東側、緑が丘スポーツ公園からのルートがあるようだが、湯村温泉・塩沢寺からの道が大手のようである。
 湯村温泉の旅館の間を通って登り出し、約20分ほどで山頂の湯村山城に着く。湯村山城は大きくは4つの曲輪からなり、主曲輪と考えられる曲輪の中央には南北に仕切り土塁を入れ、曲輪を分割している。この辺りは新府城の三の曲輪と共通した造りである。
 主曲輪の周囲には土塁を巡らし、南に平虎口、北側にも虎口を設けているが、北側の虎口は折れを入れ、やや複雑な形状をしていいる。曲輪内には大きな石がゴロゴロとしており、曲輪としては非常に使いづらかったのではないか。また、主曲輪西側には「コ」の字状に土塁を巡らした一画があるが、どういう目的のものか、判断に苦しむ。これが竪堀という見方をする人もあるようだが、とても竪堀には見えなかった。

 山頂から南側の眺望はきわめて良く、天気の良い日には甲府盆地が一望出来るだけでなく、富士山も見えるという。
 下山は地蔵古墳を経て、塩沢寺に下りる。こちらのルートのほうがよく使われているようだ。


 城郭の歴史
 高白斎記には大永3年に湯村山城が築かれたことが記されており、信虎が川田の館から躑躅ヶ崎へ居館を移したのと同時期であり、烽火台として、躑躅ヶ崎館、あるいは古府中防衛の一翼を担った城と考えられている。

 一方で、逸見氏時代に築城された湯之島城を改修したもの、あるいは信虎から遡ること2代前の信昌、3代前の信守時代に築かれたという説もある。




観光
市内には、武田氏の居館・躑躅ヶ崎館を始めとし、武田氏ゆかりの甲府五山・大泉寺法泉寺 など見所は多い。

武田氏ゆかりの史跡

 申し込めば、観光ボランティアガイドもお願いできる。

ミレーの絵画で有名な県立美術館、少し足を伸ばせば、渓谷美を誇る御岳昇仙峡,サントリー登美の丘ワイナリーなどもある。


 4月には、信玄公を偲んで、命日である4月12日の直前の土曜日に行われる信玄祭りがある。

 詳細は、甲府市観光協会




HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る