甲斐菅沼城
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:南巨摩郡身延町寺沢3250
別 名 :寺沢城
築 城 :天正10年(1582)
初城主:岡部正綱
区 分 :平山城
遺 構 :曲輪
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
中富中学校の駐車場を利用

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

菅沼城城址碑
菅沼城城址碑

 現地の状況
 菅沼城は富士川に突き出した比高30mほどの舌状台地の先端に築かれ、富士川との間に富士川街道が走り、地の利を活かして街道を取り込んだような城である。

 城跡の本丸跡には現在、中富中学校が建っており、北に延びる尾根の東斜面に幾つかの曲輪が残されている。

 中富中学校の校庭に中富中学校校歌碑が建てられ、菅沼城が歌詞に詠まれている。「ゆかりも深き城山の 菅沼城のあとどころ おおここに温故知新の風冴えて 文化のとりでそびえたつ」
地元の城を校歌によみこむっていいもんだと、素直に思ってしまいました。
 なお、中富中学校グランドからは南方の富士川街道が一望できる。

曲輪跡
北尾根の曲輪跡

 城郭の歴史
 菅沼城は天正10年6月の本能寺の変の直後に、河内地方を領していた穴山信君が山城国宇治田原で落命したことで、徳川家康は駿河から富士川沿いに甲斐に入る河内地方をいち早く押さえるため、武田家の旧臣で武田滅亡後には家康のもとにあった岡部次郎右衛門正綱に下山に築城すること命じ急造されたものである。

 同年7月に徳川家康は甲斐に入り、甲斐・信濃へ版図拡大を図ろうとする相模の北条氏に対処するため、その配陣の一翼として菅沼定政をこの城に入れ富士川筋の守備にあたらせた。

 穴山信君の死後、下山には嗣子勝千代がいたが、勝千代は天正15年に16歳で早世したことで穴山家は断絶となり、穴山氏旧領の河内地方は菅沼定政の宰領するところとなる。

 定政は同18年に下総相馬に移封されるが、菅沼城は以後10年余り存続され、慶長7年(1602)に廃城となったようである。

中富中学のグランドから南方の富士川街道
中富中学グランドから富士川街道を望む

HOME山梨県の城郭


近江の城郭 近江の城郭に戻る