笹尾砦
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:北杜市小渕沢町下笹尾
別 名 :笹尾塁
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀,土塁
城 域 :50m×130m

町指定史跡

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 空地に数台駐車可

【訪 城】2004年8月
【撮 影】2004年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り
空掘
2の郭前面の空掘

 現地の状況
 笹尾砦は甲信国境近くの釜無川左岸、七里が岩の断崖上にあり、釜無川に注ぐ浸食谷によって造られた要害地形に築かれている。
 城域は東西80m、南北260mであるが、現在保存整備されているのは、1の郭と2の郭だけで、3の郭〜6の郭は畑地、あるいは雑木林となっている。雑木林の中を歩くと空掘を確認することができる。
縄張り図

 空掘を渡ると、高さ約2mほどの土塁で構成された虎口を経て2の郭に至る。この虎口が2折れの構造で、近世城郭に見られる枡形虎口に非常に近い形状をしている。
 この虎口形態からは、長篠の戦いで敗れた天正3年から天正10年武田氏が滅びるまでの間に武田勝頼が改修したものか、若しくは天正10年の天正壬午の戦いで、新府城に籠もった徳川軍によって改修されたものかいずれかであると考えられ、いずれの手で改修されたものか非常に興味深い。
 1の郭の背後(南側)は釜無川の断崖絶壁で、その比高差は目も眩むばかりである。


 城郭の歴史
 築かれた時代は定かではないが、諏訪市の上宮「当社神幸記」の享禄4年(1531)の頃の記述に、武田,諏訪両氏の対立に伴い、笹尾砦が使われたことを伝えている。
 近隣の地名には馬場、馬場の井戸、上屋敷、東屋敷、中屋敷、御所屋敷、堀の内等がある。
 現在は3〜6郭は現在、畑地,水田、あるいは雑木林となっている。土塁基底部には石積みがされていた。

眼下に見る釜無川
眼下に見る釜無川




お薦めの書籍

お勧め度






HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る