小山城
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:笛吹市八代町高家
別 名 : −
築 城 : −
初城主:穴山氏か?
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,堀,礎石
城 域 :120m×120m
町指定史跡

 現地への案内
交通機関は車を利用
八代役場の東、約1.5km

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
空地を利用
【訪 城】2003年8月
【撮 影】2003年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

PCトラブルのため写真はありません


 現地の状況
 小山城は古代からの主要官道である御坂路と若彦路に挟まれた、浅川扇状地の先端丘陵上に位置し、北方には甲府盆地を一望することができる。
 120m四方の単郭方形の曲輪には、高さ2〜3mの土塁を巡らし、南と東に平虎口を設け、土塁の外周には規模の大きな空掘を巡らせている。
 堀は雑草のため堀の規模を確認することができないが、西、南側は15m、東側は約8m、 深さ2〜3mだという。

 この小山城は武田家宗家代々の本拠である石和と地理的に近いこともあって、武田家の本城であったとも云われている。
 武田信守の館とされる武田氏館は、この小山城から北西約1.5kmの大庭にある。



 城郭の歴史
 甲斐国誌によると、宝徳2年(1450)には穴山氏が小山城主となっていた。その後、穴山伊予守信永は大永3年(1523)に鳥坂峠を越えて侵入してきた南部氏と花鳥山の戦いの後、小山城で戦ったが敗れた。

 天正10年(1582)の甲斐国争乱(天正壬午の乱)の時、御坂城の北条氏と対峙した徳川家康は鳥井彦左衛門に小山城を修築させ、黒駒の戦いで勝利した。






お薦めの書籍

お勧め度






HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る