甲斐 河尻屋敷
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:甲府市岩窪町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:河尻秀隆
区 分 :館城
遺 構 : −
   市指定史跡

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
北部幼児教育センターの駐車場を利用

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

河尻屋敷跡ともいわれる防災センター
河尻屋敷跡ともいわれる防災センター

 現地の状況
 河尻屋敷は躑躅ヶ崎館(現武田神社)の南東約700m、甲府市北部幼児教育センター、および北部コミュニティ防災センター辺りであるとされる。
 甲府市北部幼児教育センターと民家の間、2坪ほどの空間に河尻秀隆の首塚が人目を避けるように建てられている。

 現地に案内板には「河尻肥後守秀隆の首塚とも、屋敷跡とも伝えられる」とあり、屋敷跡と断定されてはいないようである。

河尻秀隆の首塚
河尻秀隆の首塚

 城郭の歴史
 河尻屋敷跡は、織田信長の家臣であった河尻肥後守秀隆の首塚とも、また屋敷跡とも伝えられている。
 織田信長が武田氏討伐の軍を起こした天正10年(1582)、河尻秀隆は軍目付として活躍し甲斐と信濃諏訪郡の領主となり、信長の権力を利用し威圧的な政治を行ったと伝えられる。

 本能寺の変により織田信長が殺害されると、秀隆に反感を抱いていた武田家の旧家臣や農民等の一揆の攻撃を受け殺害された。
埋葬される時に圧政の恨みをかって逆さまに埋められたことから「さかさ塚」ともよばれている。
HOME山梨県の城郭


近江の城郭