甲斐加賀美氏館
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:山梨県南アルプス市加賀美
別 名 :加賀美遠光館
築 城 :12世紀初頭
初城主:加賀美遠光
区 分 :館
遺 構 :堀跡?
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
法善寺の駐車場を利用

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

加賀美氏ゆかりの地
武田信義の墓
韮崎市神山町鍋山
武田信義の墓
 甲斐武田氏の始祖・信義の墓は、武田八幡神社の近くに願成寺にあり、法名は「願成寺殿俊照国公大禅定門」。
mapfan

一条忠頼の墓
南巨摩郡増穂町舂米地内

明楽寺跡にあって、所在地は下記の辺りのようです。

mapfan

一条氏館
市川三郷町上野
 源頼朝による一条忠頼の謀殺で一条氏が途絶えたことを惜しんだ武田信玄は、異母弟である右衛門太夫信龍に家跡を継がせたが、天正10年(1582)武田家滅亡の折、一条館は徳川軍により攻め落とされた。


堀を想像させる法善寺南側の川
堀を想像させる法善寺南側の川

 現地の状況
 加賀美氏の館跡といわれるところは、現在の高野山真言宗の法善寺一帯とされる。法善寺の南側には幅2〜3mの川が流れ、堀跡を予感させる。

 法善寺境内は約150m×100mと思いの外広く、当時の加賀美氏の館がこれほどの広さとは考えられず、法善寺の建立時に敷地が広げられたか・・・・・。
法善寺山門
法善寺山門

 城郭の歴史
 加賀美氏は新羅三郎義光の曾孫にあたり、三代清光の三男・遠光を祖とし、遠光の長男・光朝は秋山氏を称し、二男・長清は小笠原氏、三男・光行は南部氏を称した。
 遠光を祖とする加賀美氏の館は東に釜無川、西に釜無川の支流である滝沢川がつくる三角地帯にある。

 頼朝は鎌倉幕府の創業に貢献した武田信義を駿河守に、また信義の弟あるいは叔父ともいわれている安田義定を遠江守に任命したが、子飼いの軍勢をもたない頼朝は、その直後から戦力のある武田一門に猜疑の目を向けるようになった。

 後白河法皇が武田信義に頼朝討伐の密勅を下したという風聞が立つと、信義は頼朝に誓紙を出しその疑いを解いたが、三河から尾張にかけての合戦で平通盛を破った信義の嫡子・一条忠頼が遅れてやって来た和田義盛らの援軍と感情的対立を招き、やがて平家と木曽義仲追討に大功のあった一条忠頼を謀殺した。(山梨県史)

 武田信義については異説もあり、頼朝に反抗の疑いをかけられた信義は白山城(韮崎市)で自害し、安田義定と義資父子は誅され、板垣兼信は流されている。

 また加賀美遠光の嫡男秋山光朝は平重盛の婿であったため頼朝への出仕が遅れて疎外され、平重盛の御剣持ちとして有名であった逸見有義は頼朝の大般若経供養のとき、やはり御剣役を命ぜられたが拒否して逃亡してしまった。(武田信玄伝)
なお、遠光は長寿を全うし、弘長元年(1261)に没したとされる。

HOME山梨県の城郭


近江の城郭 近江の城郭に戻る