一条氏館
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:山梨県市川三郷町上野
     (旧西八代郡三珠町上野)
別 名 :上野城,一条氏塁
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 : −
城 域 : −

 現地への案内
交通機関は車を利用
甲斐上野駅の南、約500m
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 歌舞伎文化公園の無料駐車場を利用

【訪 城】2005年8月
【撮 影】2005年8月

評価項目 見所評価
選地 ☆☆
縄張り ☆☆
普請 ☆☆
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

蹴裂神社
蹴裂神社

 現地の状況
 歌舞伎文化公園近くに行くと、天守閣が目に飛び込んでくる。この天守閣は全くのニセモノで、ふるさと会館を城風に模して造られているのであるが、結構良くできています。(^^)
 一条氏の館は、ふるさと会館の北西、こじんまりとした林の中に鎮座する蹴裂(けさき)神社を中心とする一帯だとされる。
 蹴裂神社横には上野城跡の碑が建てられている。一条氏館の別名を上野城とするのは、この辺り一帯を上野郷ということに由来する。

 公園化のために、あまりにも地形が変わりすぎ、想像の域を出ませんが、蹴裂神社の北からふるさと会館の東側にかけて、地形が急激に落ち込んでいるのは、当時の堀跡でしょうか。
この天守閣に登るには、入館料500円が必要です。

 なお、歌舞伎文化公園があるのは、この三珠町が「市川團十郎」発祥の地であることによります。

上野城址碑
一条氏館の別名、上野城址の碑


ふるさと会館
歌舞伎文化公園のふるさと会館

 城郭の歴史
 武田信玄は、源頼朝に謀殺されたとされる一条忠頼にはじまる一条家の名跡が絶えているのを惜しみ、異母弟である右衛門太夫信龍に家跡を継がせた。
 天正10年(1582)武田家滅亡の折、一条館は富士川に沿って来襲した徳川軍により攻め落とされ、当主信龍も討死したという。なお『甲斐国志』は、「信龍はこれ以前に病死していたとし、討死したのはその息子の上野介信就である」としている。





お薦めの書籍

お勧め度






HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る