甲斐 井手城山城(井手の烽火台)
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:南巨摩郡南部町福士
(旧南巨摩郡富沢町
別 名 :井手の烽火台,城山
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀切
城域 :50m×30mm
      標高 約200m
      比高 井手地区から約100m

 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道52号線(富士川街道)富栄橋の信号から県道10号線に乗り換え、約1.5km南下、JR身延線井出駅の南から井手地区の八幡宮へ
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
井手地区の八幡神社前に1台の駐車余地

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

主曲輪背後の堀切
主曲輪背後の堀切

 現地の状況
 井手城山城(井手の烽火台)は富士川とその支流である佐野川が合流点する台地の先端に位置し、南北を川に囲まれ、富士川沿いの富士川街道、および駿甲国境を睨む国境監視の城である。
 井手地区の八幡神社から富士川に沿って谷を約1km東に城山天満宮が祀られている一帯が、井手城山城(井手の烽火台)とされる。

 城山天満宮の鳥居をくぐるとすぐに堀切があり、堀切には板橋が掛けられている。天満宮は主曲輪と考えられる広い曲輪のほぼ中央部に建てられ、曲輪の西側には小さな帯曲輪も確認できるが、基本的には単郭の城のようである。

 周囲は雑木のため見通しがきかないが、八幡神社付近からは対岸の福士城山を遠望することができる。

城山天満宮の鳥居
城山天満宮の鳥居

 城郭の歴史
 城山天満宮の位置する通称 “城山” には井手の烽火台があったと伝えられているが、詳細は不明。なお、南側尾根にも遺構が続いている可能性があるが、発電所の貯水池が設置されたことで地形が改変されている。


HOME山梨県の城郭


近江の城郭