甲斐 八田家御朱印屋敷(八田屋敷)
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:笛吹市石和町八田
別 名 : −
築 城 : −
初城主:八田氏
区 分 :館城
遺 構 :書院,土塁
     県指定文化財

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
八田屋敷の専用駐車場を利用

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

八田氏屋敷
八田氏屋敷

 現地の状況
 八田家御朱印屋敷は笛吹川の右岸500mにあり、文化5年(1808)に建てられた書院は茅葺入母屋造で桃山時代末期の武家書院様式を残し、屋敷地と共に県指定の史跡となっている。

 旧笛吹川に面していた屋敷地の北側には水防堤を兼ねた高さ2mほどの土塁が残り、伝承によれば屋敷地には主屋の他に西座敷、西蔵、中味噌蔵、文庫蔵、御方屋、酒部屋などがあったとされる。
屋敷地東側に残る土塁
屋敷地東側に残る土塁

 城郭の歴史
 八田氏は常陸国の守護八田氏に遡ることができると伝えられているが、甲斐国誌によれば、末木淡路守家重が初見とされる。

 八田氏は戦国期には武田家の御蔵前衆(年貢の徴収や軍糧の輸送を行う)としての任務を担っていたとされ、八田氏の屋敷は代官所とも考えられている。
 天正10年武田氏の滅亡後、八田氏は徳川家康から御朱印を得ている。
HOME山梨県の城郭


近江の城郭