古宮屋敷
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:北杜市須玉町下津金
別 名 :古宮城
築 城 : −
初城主:津金氏
区 分 :山城
遺 構 :空掘
城 域 : −

 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道141号線より県道605号線(清里須玉線)に入り、上津金地区諏訪神社

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 須玉町歴史資料館の駐車場を利用、約20台駐車可

【訪 城】2002年8月
【撮 影】2002年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

古宮屋敷の写真
曲輪内に建てられた石碑

 現地の状況
 古宮屋敷(古宮城)は西に須玉川、東に須玉川の支流が流れる河岸段丘上にあり、旧津金学校の跡地に建つ須玉町歴史資料館の背後、諏訪神社一帯である。諏訪神社境内を副曲輪とし、本殿の背後に一段高くなった主曲輪で構成される。
 北側の背後は急斜面とし、西側には空掘を配している。南と東は改変を受け防御施設は確認出来ない。西側の空堀は内堀とされ、外堀の位置は不明で、城域がどれほどの広さだったのか判らない。

 なお、北300mほどにある上津金公民館の近くにも諏訪神社があり、諏訪神社を目当てに探すと間違えやすいので注意が必要。

 城郭の歴史

 詳細不明




観光
 須玉町歴史資料館は藤村式と呼ばれる旧津金学校校舎の建物を利用して、縄文時代から戦国時代までの文化財や歴史資料が展示されています。

津金歴史資料館n


津金の歴史
 津金は、武田信玄の家臣団である津金衆の里です。

 津金氏の詳細については歴史資料館のサイトが参考になります。




HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る