深草館
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:北杜市長坂町大八田字新井
別 名 :深草城,深草塁
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀,土塁
城 域 :50m×130m

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 空地に数台駐車可

【訪 城】2004年8月
【撮 影】2004年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ☆☆
普請 ★★
体力消耗度 ☆☆
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


曲輪周囲に巡らされた土塁

 現地の状況
 深草館は東衣川と西衣川に挟まれた台地上に築城されており、南北に連なる二つの曲輪で構成されている。
曲輪の周囲には高さ1〜2mの土塁を巡らし、周囲には空掘を配している。東から南にかけての空掘は深さ5m、幅7〜10mと圧巻である。


 城郭の歴史
 甲斐国誌によると、「相伝フ清光ノ臣堀内某居之。子孫堀内下総守ノ子主税助ノ時城陥リ落胆セシト云々。塁湟今モ全ク存セリ」とある。
 甲斐国内に戦乱が起きたのは天正10年に武田が滅んだ以後であることから、下総守は元亀・天正年間(1570〜92)以前の人物と考えられている。





HOME山梨県の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る