甲斐甘利氏館
HOME山梨県の城郭
 城郭の概要
所在地:韮崎市旭町上條北割
別 名 : −
築 城 : −
初城主:甘利氏
区 分 :館城
遺 構 : −

 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
空地を利用

【訪 城】
2007年8月
【撮 影】2007年8月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

大輪寺の遠景
大輪寺の遠景

 現地の状況
 甘利氏館は白山城の南東約1.5kmに位置し、県道12号線(旭バイパス)沿いの日蓮宗甘利山大輪寺の一帯とされる。
大輪寺は甘利郷領主甘利氏の菩提寺で、周囲には北門、的場、大庭、大堀などの地名が残っているが、大輪寺周囲には城館遺構らしきものは残されていない。

 発掘調査では堀に囲まれた建物の一部、石垣列、溝跡、住居跡、墓などが検出され、堀や住居跡からは、16世紀代を中心とした陶磁器が発見され戦国時代終末まで続いていた館跡であることが判明している。
 
 現地の案内板に拠れば、 甘利氏館の西方約2kmに扇子平山城があり、甲斐国誌では甘利左衛門尉の城とされ、曲輪、堀切等が残るという。
大輪寺境内の甘利左衛門尉の墓
大輪寺境内の甘利左衛門尉の墓

 城郭の歴史
 甘利氏は、甲斐武田氏の始祖信義の長男一条忠頼の子行忠が庄内に館を構えて甘利を称したとされる。

 戦国時代の武田信虎、武田晴信(信玄)、武田勝頼の時代には、武田家の最高職とされる「両職」を務めたと言われ、後には武田二十四将の甘利虎泰(備前守)をはじめ、甘利昌忠(左衛門尉)、甘利信康(郷左衛門尉)、甘利信恒(三郎次郎)がいるが、甘利氏館についての詳細は定かではない。

HOME山梨県の城郭


近江の城郭