高岡城
HOME富山県の城郭
 城郭の概要
所在地:高岡市古城
別 名 : −
築 城 :慶長14年(1609)
初城主:前田利長
区 分 :平城
遺 構 :曲輪,土塁,堀,石垣
城 域 :600m×600m
県指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用
JR北陸線の高岡駅の北、約800m
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 専用駐車場を利用
【訪 城】2000年7月
【撮 影】2000年7月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

高岡城の堀
高岡城の堀

高岡城縄張り図
高岡城の縄張り

 現地の状況
 高岡城の跡地は高岡古城公園になっており、市民の散歩、あるいはジョギングコースとして親しまれている。
 遺構は土塁,掘,石垣等で、多くは残っていないが、その城域の広さに加え、外堀,内堀の占める面積と掘を形成する土塁の高さは特筆される。

石垣
本丸下郭の堅堀

 城郭の歴史
 慶長14年(1609)3月、加賀百万石の2代藩主・前田利長の居城・富山城は焼失。魚津城に居城を移した利長は、徳川幕府に関野(高岡の旧名)に築城許可を求め、隠居城として築いたのが高岡城である。

 高岡城は庄川と小矢部川の扇状地にある丘陵(標高15m程度)に築かれ、曲輪構成は本丸,二の丸,明丸,鍛冶丸、および三の丸の5つの曲輪からなり、御城外とよばれる(大きくは三の丸)を合わせると総面積約21万m2(71,261坪)という広大な城域を有し、その約3割を堀が占める。こうした縄張は当時前田家の客将だった高山右近とされている。

 高岡城を築いた利長は、5年後の慶長19年(1614年)5月20日死去(享年53歳)。高岡城はその翌年に発令された一国一城の令により廃城となった。


高山公園地図
現在の高岡古城公園の略図




観 光
瑞龍寺
高岡市関本町35
TEL:0766- 22-0179
大人 500円
mapfan
・加賀藩二代藩主前田利長の菩提寺で、仏殿、法堂、山門が国宝に、総門、禅堂、高廊下、回廊、大茶堂が重要文化財に指定されている。
 前田利常が兄の冥福を祈り建てた利長の墓がある。周囲に堀を巡らせ、その広さは3200坪という。

雲龍山勝興寺
高岡市伏木古国府
TEL:0766-44-0037
mapfan
・越中国府跡や古国府城跡などの旧跡を含む台地に建てられ、戦国期には越中一向一揆の拠点となった中世城郭寺院で、境内は濠を巡らせている。


お薦めの書籍








HOME富山県の城郭

近江の城郭