信濃 座光寺南城
HOME長野県の城郭
 城郭の概要
所在地:飯田市座光寺字本城
別 名 :上野南本城
築 城 : −
初城主:座光寺氏
区 分 :山城
遺 構 :堅堀,堀切,土橋,土塁
城域 :500m×300m
      標高 540m
      比高 70m(麻績神社から)
 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道153号線、座光寺の信号から北西へ約500mの麻績神社へ

 麻績神社へはJR飯田線元善光寺駅から徒歩10分
詳細位置はコチラ 
 駐車場
【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★★
普請 ★★★
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



南東尾根の堀切
南尾根の堀切

 現地の状況
 座光寺南城は麻績神社の背後にあって、西に西の沢川、東を矢野沢川が流れる比高70mの独立丘に築かれている。

 麻績神社の本殿の左右に登城道があり、いずれからも谷筋を詰める形で登る。いずれの谷も巨大な竪堀状の地形で、自然谷に多少の手を入れ堀底道としているようである。谷を構成する尾根からは堀底道が見下ろされ、堀底道と共に尾根上の曲輪配置といった縄張りに迎撃の意図が感じられる。

 山頂に主曲輪(60m×40m)をおき、南尾根、南西尾根(麻績神社背後の尾根)、および北尾根に曲輪を配し、いずれの尾根も自然谷と見間違うほどの巨大な堀切で堀切り、要所には堀切同様に巨大な堅堀を配している、

 特に北尾根は自然谷を利用した2条の堀切で独立性を保ち、尾根の先端には馬出状の曲輪を設けているのが特徴的である。


 現在の座光寺南城は、戦国期に座光寺氏が従った知久氏の居城・神之峰城の城域とは比較にならないほど広く、また意図的な縄張りの巧みさからも、大きな勢力(戦国大名クラス)による改修が考えられる。
 城域内に秋葉神社跡、あるいは浅間神社跡など永禄から天正初期にかけて武田氏が占領した地域の神社が祀られていることから武田氏の陰を感じた。また、麓の麻績神社には諏訪社、八幡社が祀られている。
 なお、北東約500mには座光寺北城が位置している。
座光寺南城の縄張り
座光寺南城の縄張り

 城郭の歴史
 座光寺南城は松岡氏系の座光寺氏、およびその氏族が拠った城とされるが、築城時期は定かではない。

 座光寺氏は、戦国時代には神之峰城主知久氏に従ったが、天文23年(1554)武田信玄の伊那進攻により座光寺南城は落城した。

堀切と堅堀によって捨曲輪状の南東尾根の小曲輪
堀切と堅堀によって捨曲輪状の南東尾根の小曲輪

座光寺南城をもっと紹介

南尾根先端の曲輪と堅堀
南尾根先端の曲輪と堅堀

北尾根の堅堀
北尾根の堅堀

主曲輪と土塁
主曲輪と土塁

南東尾根の堀切と曲輪
南東尾根の堀切と曲輪
HOME長野県の城郭

近江の城郭