信濃 座光寺北城
HOME長野県の城郭
 城郭の概要
所在地:飯田市座光寺字本城
別 名 :上野南南城
築 城 : −
初城主:座光寺氏
区 分 :平山城
遺 構 :空堀,土塁
城域 : −
      標高 550m
      比高 80m(麻績神社から)
 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道153号線、座光寺の信号から北西へ約500mの座光寺小学校へ

 座光寺小学校へはJR飯田線元善光寺駅から徒歩10分
詳細位置はコチラ 
 駐車場
【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★★
普請 ★★★
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



座光寺保育園西側の土塁と石碑
座光寺保育園西側の土塁と石碑

 現地の状況
 座光寺北城は座光寺南城の約300m東に位置し、座光寺小学校から耕雲寺一帯と想定され、座光寺小学校の北にある座光寺保育園の西側に座光寺北城の土塁と共に石碑が建てられている。また、座光寺保育円と耕雲寺間の駐車場の北側竹藪の中に空堀が残されている。

 現在残されている空堀や土塁の位置関係からすると座光寺保育園辺りが主曲輪とも考えられるが、保育園と耕雲寺間の堀状地形を考慮すると耕雲寺の可能性も考えられる。

 なお、地形的には座光寺保育園、耕雲寺がこの辺りの最高部(標高550m)で、北から延びる尾根の先端部に位置している。
座光寺保育園北側の空堀
座光寺保育園北側の空堀

 城郭の歴史
 座光寺北城は座光寺南城とともに松岡氏系の座光寺氏、およびその氏族が拠った城とされるが、築城時期は定かではない。

 座光寺氏は、戦国時代には神之峰城・城主知久氏に従ったが、天文23年(1554)武田信玄の伊那進攻により座光寺南城は落城した。

座光寺保育園と耕雲寺間の堀状地形
座光寺保育園と耕雲寺間の堀状地形
HOME長野県の城郭

近江の城郭