内堀館
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:下水内郡豊田村上今井
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :館
遺 構 :水堀,土塁,
城 域 :80m×70m

県指定史跡

内堀館の長屋門
内堀館の長屋門

【現地への案内】
 国道177号線豊田村、佐藤病院の南
詳細位置はコチラ 

【駐車場上今井駅近くの神社に駐車
【訪 城】2003年9月
【撮 影】2003年9月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 上今井の集落の中にあり、西に大手を開き、水堀が東〜北〜西に巡らされている。後年の開発によって南側の堀は消失したのかと思いきや、元々ないのである。これは大倉崎館が背後に千曲川を控え、堀が巡らされていないのと同様で、案内板にも書かれているとおり、北信濃における特徴と言えるのではないか。

 現在お住まいの臼井さんにお話をお伺いすると、昔は南側(千曲川側)に外堀があったのだそうである。ちなみに現在の千曲川は数百m南を流れている。
県指定を受けているのは土塁と堀であるが、大手の長屋門は江戸期のもであるという。一見しただけでも歴史のある門であることが分かる。

 現在では周囲の堀で見ることの出来るのは北〜西の部分だけであるが、いずれ整備されて東側も見れるようになるとのことである。

【城郭の歴史】
 上今井集落は千曲川沿岸の小扇状地上にあり、内堀館は集落の南部、扇端にあたるところにある。現在は臼井氏の宅地となっているが、名称の通り堀が現存している。江戸時代後期に飯山藩の本陣として利用された。

 外郭の存在は不明であるが、当館は堀敷を除いて規模は55m×60mほどの方形で、周囲に高さ約3mの土塁と幅約10mの水堀を馬蹄形に巡らしている。
 外側を堀で取り囲み内側に土塁を築いて防御を固め、その中に建物を配置するという中世貴族の典型的な屋敷地の景観を今にとどめている。また、千曲川に面した部分に堀や土塁がなく、解放されている居館形態は北信濃における特色を示す可能性があり、今後の研究材料としても重要である。
 なお、県下の館跡にあってその残存状況は良好であり、貴重な史跡である。
長野県教育委員会 豊田村教育委員会  現地案内板より

HOME長野県の城郭

近江の城郭