海尻城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:南佐久郡南牧村海尻字上殿岡
別 名 : −
築 城 :戦国時代
初城主:井出長門守か
区 分 :山城
遺 構 :堀切
城 域 :150m×50m
      標高 1090m
      比高 50m




海尻城の主曲輪
海尻城の主曲輪

【現地への案内】
国道146号線、JR海尻駅の西
詳細はコチラ 

【駐車場林道の終点に1台可
【訪 城】2005年8月
【撮 影】2005年8月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 山梨県側から国道146号線を北上すると、JR小海線の海尻駅の横に海尻城への標識がある。国道141号線は佐久甲州街道に沿って造られたもので、この佐久甲州街道は古来より、佐久往還、あるいは甲州往還とも呼ばれ、甲斐の韮崎から若神子(須玉)を経由して平沢峠を越えて信濃に入り、千曲川沿いに岩村田宿(長野県佐久市)に至る道である。この佐久往還道を押さえるために築かれたのが海ノ口城や海尻城、下畑城等である。
海尻城への登り口の冠木門
冠木門

 海尻城は千曲川に着き出した尾根の突端で、大月川の深い谷を控えた峻険、かつ要害の地を選んで構築されている。医王院の山門横から約5分で主曲輪に出る。背後には大きな堀切(横堀と云っても良い)を配している。 堀切を超えて尾根に出ると、尾根は幅3mから5mの痩せ尾根で、尾根の両側は切り立った斜面。 背後の備えは万全。

【城郭の歴史】
 海ノ口城と共に佐久郡の南端部にあって甲斐・武田氏への備えとして築かれた境目の城である。 天文9年(1540)1月武田氏の板垣信方によって落とされ、小山田備中守昌行が城将として入っていたと云われている。同年12月、村上義清と佐久勢の急襲を受けたが、武田軍の援軍を得て村上勢を撃退した。
海尻城の急峻な地形
海尻城の地形



武田軍の信濃侵攻

 甲斐武田の信濃進攻は享禄元年(1528)9月武田信虎が諏訪郡へ侵入、諏訪上社の諏訪頼満・頼隆父子と神戸、境川付近で戦ったのを最初とし、天文5年(1536)11月には佐久郡の平賀源心の海ノ口城を攻める。この戦いが初陣だった晴信(後の信玄)は知略で海ノ口城を落とす。
 天文9年(1540)5月には、信虎が佐久郡の城を十数城落とし前山城を築き、天文10年(1541)5月信虎は村上義清、諏訪頼重等と結び海野棟綱を攻め、海野平に海野棟綱を破る。同年6月、晴信は父・信虎を駿河今川家に退隠させ、武田の総帥として信濃攻略に向けて全力を傾けていく。
 この頃の信濃は小笠原長時が守護職として任じられていたが、その勢力は北信濃までは及ばず、北信濃は村上義清を筆頭として豪族が入り乱れ、諸豪族は外敵である信玄に対し、協力して立ち向かっていく。
 天文10年頃から北信濃の諸豪族が村上義清を頼ったことから、諏訪の諏訪頼重に加えて、北信濃の村上義清、中・南信濃の小笠原長時と武田信玄との戦いが本格化する。
 天文11年(1542)信玄は一転して伊那の藤沢頼親,小笠原長時と戦い、天文14年(1545)4月に諏訪頼継の高遠城を攻め落とし、高遠城を拠点にして箕輪城(福与城)の藤沢頼親を攻め、天文15年頃には諏訪を制圧する。
 天文16年(1547)佐久郡・内山城の大井貞清に出仕を促し、大井貞清親子は甲府に出仕したのをきっかけに、8月には佐久郡の志賀城を攻め、笠原清繁を破る。翌天文17年(1548)8月佐久郡の田口城を小山田出羽守に攻めさせ、田口良能に加勢した北信濃の諸豪族をことごとく討ち取り、9月には佐久郡を制圧する。享禄元年(1528)に諏訪に侵攻してから諏訪・佐久郡を制圧したのは、信虎・信玄の2代にわたって実に23年を要した。
 天文20年(1551)3月村上義清、小笠原長時は連合して深志城(松本城)の奪還を図るが、信玄は5月には真田幸隆をもって砥石城を落とす。
 この間、武田軍は天文17年(1548)2月、小県の上田原に村上義清と戦い敗れ、天文19年(1550)9月には小県の砥石城を攻めて敗れる(砥石崩れ)等、村上義清を相手に2度の苦い敗戦を経験するが、天文21年(1552)1月には諏訪頼継を甲府に出仕、自刃させ、4月には村上義清の居城・葛尾城を落とし、5月に桔梗原で小笠原長時を破る。そして8月には村上義清が籠もる塩田城を落とす。その後、村上義清は越後の上杉謙信に援を求め、天文22年(1553)から宿命の対決とされる川中島の戦いへと発展していく。一方、天文23年(1554)、小笠原信貞の鈴岡城を攻略した武田晴信は、伊那をほぼ支配下においた。

HOME長野県の城郭

近江の城郭