等々力城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:南安曇郡穂高町大字穂高
別 名 : −
築 城 : −
初城主:等々力氏
区 分 :平城
遺 構 :土塁
城 域 :100m×100m



等々力家の長屋門
等々力家の長屋門

【現地への案内】
JR大糸線穂高駅の東約800m
詳細位置はコチラ 

【駐車場専用駐車場を利用
【訪 城】2004年10月
【撮 影】2004年10月

評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 等々力城は仁科氏の家臣の居城で、江戸期には等々力本陣として使われた。
現在、穂高町にあっては、「等々力家」として観光名所のひとつとなっており、江戸期に建てられた長屋門,書院、および庭園が残っている。
 東側の千石街道を挟んでため池状になっているが、地籍では「内堀」とされている。また東側には土塁が残るという。

【城郭の歴史】
 室町時代から仁科氏に仕え、東龍寺の開基である。大坂冬の陣に出陣し、江戸時代には庄屋として鮭、鴨猟の際、松本藩主の休息所として御本陣と呼ばれた。須弥山式石組の庭園は江戸中期のもので、書院とともに良く保存されている。
現地案内板より


HOME長野県の城郭

近江の城郭