龍岡城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:佐久市臼田町田口字田中
別 名 :五稜郭
築 城 :慶応3年(1867)
初城主:松平乗謨
区 分 :平城
遺 構 :堀,石垣
城 域 :300×300m

国指定史跡


田口城から見た龍岡城
田口城から見た龍岡城

【現地への案内】
国道141号線、臼田町の下小田切の信号から県道93号線に入り龍岡城方面へ
詳細はコチラ 

【駐車場龍岡城の専用駐車場を利用
【訪 城】2005年8月
【撮 影】2005年8月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 龍岡城は慶応3年(1867)に竣工されたとされるが、実際には完成に至らないまま明治維新を迎え、建物などは取り壊されている。周囲を廻ると五稜郭の形状はしているものの、堀などは半分ほどしか完成していない。
 現在は城内に田口小学校が建てられ、大手口が学校の正門として使われている。
龍岡城の縄張り
龍岡城の縄張り図

【城郭の歴史】
 信州に一万二千石、三河に四千石の封地を持つ三河奥殿藩の松平氏は、宝永以来160年間、三河に本拠を持ち、佐久には陣屋をおいて、領内22か村の統治を続けてきたが、11代乗謨になって、幕末激動の情勢に応じて信州に居館を移すことを計画し、元治元年(1864)3月着工、慶応3年(1867)竣工、地字名をとって龍岡城と称した。  用地一万坪は田野口村より、石材、木材などは領地より献納、総工費4万円余りであった。
 藩主乗謨(のりかた)は学才見識共に優れ、幕府の陸軍奉行、老中格、陸軍総裁窓の要職につき明治に入っては、佐野常民と共に赤十字社の前身である博愛社を創設し、副社長、また賞勲局総裁などを歴任した。築城にあたっては稜堡式築城法を用い、いわゆる五稜郭が成立した。そしてこれより4年前完成した函館五稜郭と共に我が国城址の中においてただ二つの貴重な洋式城郭である。廃藩後明治5年、城は取り壊しとなったが、幸い堀と石垣、建物の一部大台所を残している。  
現地案内板より
龍岡城の堀
龍岡城の堀


管理者・野暮からのご紹介
 “龍岡城に行かれる際には、併せて以下を廻られたら如何でしょう”

★一般観光向け

お城マニア

歴史の里・五稜郭であいの館には龍岡城の資料が展示されています。

龍岡城の北側にある山の山頂付近には田口城があり、見事な遺構が残っています。この田口城から見ると、龍岡城が星形をしていることがよく分かります。
その他、稲荷山城伴野館なども近く、手軽に行けますので、是非訪ねてみてください。

HOME長野県の城郭

近江の城郭