須田城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:須坂市小山町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:須田氏
区 分 :平山城
遺 構 :堀切,土塁
城 域 : −


堀切
主曲輪西側の堀切

【現地への案内】
国道403号線坂田町の信号を西入る、臥竜公園
詳細はコチラ 

【駐車場臥竜公園の駐車場を利用 約50台
【訪 城】2004年5月
【撮 影】2004年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 須田城は独立丘・臥竜山の南西尾根に築城され、南麓には千曲川にそそぐ百々川が流れ、南斜面は崖状をなす要害地形に築城されている。
 臥竜公園の駐車場に車を止めて、比高約100m程の小山を15分ほどで登る。山頂には30m×15mほどの主曲輪と堀切を挟んで15m×10mほどの二の曲輪、北側に帯曲輪を配し、帯曲輪部に土塁によって平虎口が設けられている。

【城郭の歴史】
 この山城は鎌倉時代から戦国時代まで、現在の日滝から小山にかけての一帯を支配した須田氏が築いたものです。須田氏は平安時代、井上地籍に土着した井上氏の分流です。
 本拠の城は本郷にある大岩城とその麓、現在の蓮生寺のあたりと推定されています。従って、この城は出城的な役割を果たしたと思われます。
 須田氏は戦国時代武田・上杉の争いで上杉方につきました。慶長3年(1598)上杉氏の会津への国替えに伴い、須田氏がこの地を離れたとき、この城も廃城になったと考えられます。
須坂市教育委員会    現地説明板より

HOME長野県の城郭

近江の城郭