桜城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:諏訪郡下諏訪町湯田
別 名 : −
築 城 : −
初城主:金刺氏
区 分 :山城
遺 構 :土塁,空掘
城 域 : −
      標高 870m
      比高 70m




堅堀
南斜面の竪堀

【現地への案内】
 諏訪大社下社秋宮の北、600〜700m
詳細はコチラ 

【駐車場142号線待避所、10台ほど駐車可
【訪 城】2005年8月
【撮 影】2005年8月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 来迎寺の東裏山を頼りに現地に行ってみると、それらしい尾根がふたつある。(^^;
“ままよ”と 来迎寺の北東の山に見当をつけて登ると、戸隠大神の社があった。南(右)に迂回しながら登り、山頂近くになると、背丈ほどの藪に阻まれた。(^^;
 南側斜面に大きな竪堀を確認、竪堀は中腹から麓にかけて掘られ、途中から方角を変えてひとまわり小さな竪堀となっている。
 この山に間違いないと確信するも、手だてがなく撤退。この桜城には横堀があるとのことで期待していたのだが・・・・・・、どなたか情報をお持ちの方はご教示願いたい。

【2005年10月8日追記】
 桜城について飛騨の山猿大王さんから情報を頂きました。飛騨の山猿大王さんの情報によると桜城へルートは以下のようです。
------------------------ココカラ
「城の腰館」という公民館の上に「一念坂」という標識が立っています。この標識に従って登ると、2、3分で「桜の城址」への標識の所に出ます。
------------------------
 桜城へ行かれる際は飛騨の山猿大王さんのHPを参考にしてください。

【2005年10月10日追記】
 追加情報として馬念さんからも登城口情報を頂きました。
------------------------ココカラ
桜城への登城口は「遊湯ハウス児湯とうらかめや」の間の道を進みますと「城の腰館」があり一念坂の標識で進めます

------------------------

 そんなことで、私の登った山は桜城と違ったのかも知れません。また、諏訪へ出かける時には確認してきたいと思っています。(^^;

【城郭の歴史】 下社金刺氏の本城と考えられているが、詳細は不明。永正15年(1518)金刺昌春が上社の諏訪頼満に敗れ、諏訪から追放された時に廃城となったと考えられている。


HOME長野県の城郭

近江の城郭