信濃 大下砦
HOME長野県の城郭
 城郭の概要
所在地:下伊那郡高森町
別 名 : −
築 城 :室町時代か
初城主:松岡氏か
区 分 :平山城
遺 構 :堅堀,土橋
城域 :30m×50m
 現地への案内
交通機関は車を利用
松岡本城の西約700m

詳細位置はコチラ 

 駐車場
県道脇の駐車場を利用

【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



南斜面の堅堀
南斜面の堅堀

 現地の状況
 松岡本城の西約700mの県道脇に位置し、南に南大島川、東にその支流が流れ、背後に崖状斜面を控えた地形に築かれている。

 2つの曲輪から構成された小さな城砦であるが、縄張り図から推測すると城域のど真ん中を県道が走っており、曲輪の大部分は消失しているようだが、南側斜面には足の長い堅堀が完存している。
南斜面の堅堀
南斜面の堅堀

 城郭の歴史
 大下砦の東側台地上には松岡本城松岡南城、および松岡古城などがあり、この大下砦も松岡氏の支城のひとつではないかと考えられる。

大下砦の縄張り
大下砦の縄張り
HOME長野県の城郭

近江の城郭