三日市場城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:北安曇郡白馬村三日市場城
別 名 :沢渡城,宮原城,大宮城
築 城 : −
初城主:沢渡氏
区 分 :山城
遺 構 :横堀,竪堀,堀切,土塁
城 域 :約150m×100m
     標高 875m
     比高 125m
村指定史跡


主曲輪西側の空掘
主曲輪西側の空掘

【現地への案内】
 国道148号線、白馬神城の信号を西に入り、南に約1km、神明社
詳細位置はコチラ 

【駐車場神明社前の空地を利用
【訪 城】2004年10月
【撮 影】2004年10月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 三日市場城は神明社の背後の山の山頂部に位置している。本殿背後の支尾根からとりつく。以前は道があったことが伺えるが、雑草と倒木で荒れており、道は無いに等しい。しかし、山頂を目指して登れば間違うことはない。

 約20分で三日市場城の西側に巡らされた横堀に着く。山頂部に20m×13mの櫓台の東西に約1mほどの高低差のある袖曲輪を伴った曲輪と、北側の堀切を介して35m×25mほどの曲輪、および二つの曲輪の南北に袖曲輪を配した簡単な曲輪配置である。
いずれが主曲輪なのか判断に迷う。通常は櫓台のあるほうが主曲輪であるが、北側曲輪の西側には横堀を二重に配しており、防御が堅固なほうが主曲輪であると考えるならば、北側曲輪が主曲輪と云える。

 西側の横堀は、7条の堅堀とドッキングさせ、特に北側曲輪の西側は高低差のある二重の空堀とし、西方を通る千石街道向きの斜面に対する防御意識が非常に高い。
 縄張りの全体としては、高低差を巧みに利用し、堀切から堅堀へ、また横堀へと変化させ、更には横堀と堅堀をドッキングさせるなど、非常に技巧的な縄張りである。
横堀と堅堀の使い方などは、髻山城との共通点、あるいは駿河,遠江における武田系城郭との共通点を感じさせる。
 技巧的な縄張りであるにも関わらず、虎口ははっきりしない。東側斜面の帯曲輪の間に、虎口らしきものが認められる。ここが虎口とすれば大手道は東側谷筋か。

【城郭の歴史】
 仁科氏の重臣・沢渡氏居城で、大文字一揆のなかに沢渡五郎の名が初見される。生島足島神社の起請文に沢渡兵庫助盛則の名が出てくる。仁科氏滅亡後は小笠原貞慶に属し、下総に従っている。伝承によると天正年間に武田氏により居館は破壊されたとあるが、その後も使われた可能性が高い。

HOME長野県の城郭

近江の城郭