信濃 伊豆木陣屋(旧小笠原書院)
HOME長野県の城郭
 城郭の概要
所在地:飯田市伊豆木
別 名 :旧小笠原書院
築 城 : −
初城主:松尾小笠原氏
区 分 :館城
遺 構 :書院,堀
城域 : −
 現地への案内
交通機関は車を利用
 国道153号線、川路から県道234号線を西へ約1.5km旧小笠原書院へ

 JR飯田線川路駅から徒歩15分
詳細位置はコチラ 
 駐車場
【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



柿皮葺きの小笠原書院
柿皮葺きの小笠原書院

 現地の状況
 伊豆木地区の旧小笠原書院が伊豆木陣屋で、伊豆木陣屋というより重要文化財である旧小笠原書院としてとおっている。
 比高10mほどの高台までの石段を登り枡形門跡を抜けると、総柿皮葺き(こけら葺き)の書院が残されている。
 書院の南側は傾斜地ということもあってか、京都清水寺の舞台と同様の懸造りがされ、なんとも趣がある。

 旧小笠原書院の東にある小笠原氏の菩提寺興徳寺には小笠原氏の家紋である三階菱を彫った宝篋印塔が整然と並んでいる。
 なお、背後の山には信濃守護・小笠原氏の被官だった伊豆木氏の居城・伊豆木城がある。
清水寺と同じ懸造りがされている
清水寺と同じ懸造りがされている

 城郭の歴史
 伊豆木小笠原氏は松尾城を居城とした松尾小笠原氏の後裔で、慶長5年(1600)徳川家康より初代小笠原長巨が伊豆木に千石を賜り、この地に居館を構えたのを初めとする。

 居館は小さな城郭の構えをしていたとされるが、明治初年に大半の建物は取り壊され、書院のみが残された。

小笠原書院の石垣と門
小笠原書院の石垣と門

座光寺南城をもっと紹介

興徳寺にある小笠原氏縁の宝篋印塔
興徳寺にある小笠原氏縁の宝篋印塔

宝篋印塔に彫られた小笠原氏の家紋
宝篋印塔に彫られた小笠原氏の家紋
HOME長野県の城郭

近江の城郭