井川城
HOME長野県の城郭
【城郭の概要】
所在地:松本市井川城1丁目
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :櫓台跡
城 域 : −

松本市特別史跡

櫓台跡
櫓台跡とされる塚が田圃の一画に残る

【現地への案内】
 国道19号線鎌田の信号を東入る
詳細はコチラ 

【駐車場路上駐車
【訪 城】2003年9月
【撮 影】2003年9月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 井川城は松本ICの南東2kmにあり、"井川城"という地名の住宅地の中にあるが、この住宅地の中は細い道がまるで迷路のように入り組んでおり、井川城の案内板は建っているものの探すのに一苦労する。
 周囲を住宅に囲まれる形で田圃が残っているが、この田圃の一画に10m四方ほどの小さな塚が残る。これが櫓跡との伝承の残る所である。
 "塚"というよりも小さな土盛りというほうが適切ではあるが、これだけ周囲の宅地化が進む中、田圃だけでもよく残っているとの印象、まして井川城の地形として、これだけでも、「よくぞ残した」と松本市教育委員会の努力を認めたい。(^^)
 北には田川、西には奈良井川が流れ、その他東には頭無川,南には穴田川の小河川が複雑に流れ、築城当時は周囲の川を巧みに利用した城であったろうことが窺いしれる。

【城郭の歴史】
 小笠原貞宗は建武の新政の際、信濃守護に任ぜられ、足利尊氏に従って活躍し、その勲功の賞として建武2年(1335)に安曇野郡住吉荘を与えられた。その後、信濃へ国司下向に向い守護として国衛の権益を掌握し、信濃守護の権益を守る必要からか、伊那郡松尾館から信濃府中の井川の地に館を構えたとみられる。

 井川館を築いた時期は明確ではないが、「小笠原系図」では貞宗の子政長が元応元年(1319)に井川館に生まれたと記されているので、鎌倉時代の末にはこの地に移っていたものと考えられるがはっきりしない。
 井川の地は薄川と田川の合流点にあたり、頭無川や穴田川などの小河川も流れ、一帯は湧き水が豊富な地帯である。現在の指定地は、地字を井川といい、頭無川が壕状に取り囲んで流れており、主郭の一部と推定される一隅に櫓跡の伝承がある小高い塚がある。
 地域に残る地名には、古城,中小屋のように館や下の丁,中の丁のように役所の存在を示すものもある。また、これらのほかに中道の地名もあり、侍屋敷の町割跡、寺などの存在から広大な守護の居館跡が想像される。  
松本市教育委員会  現地案内板より

HOME長野県の城郭

近江の城郭