吉田氏城
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:上野市蓮池字青代
別 名 : −
築 城 :吉田
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :堀.土塁,井戸
城 域 :240m×120m

     標高 248m
     比高 24m


一の曲輪の切岸

【現地への案内】
 国道25号線(名阪自動車道)友生ICから県道56号線に入り東へ約4km、木代神社が目印
詳細コチラ 

【駐車場公民館の駐車場を利用、約3台程度
【訪 城】2003年7月
【撮 影】2003年7月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 舌状尾根の西側、西の丸と称されるところから、民家の庭を通らせていただき、なだらかな斜面から取りつく。階段状に曲輪が尾根上に配置され、尾根の北側斜面はオーバーハングする切り立った崖で、高さは15〜30m。曲輪の削平状態は極めて良い。削平状態をみる限り、近世城郭に近いものがある。
 尾根の南側は谷の自然地形を利用して堀とし、堀の東端には堀を見下ろす形で櫓台を設け、櫓台は二の曲輪(館と称される)の土塁の一部を形成している。土塁は西〜北〜東に巡らされ、東側の土塁の高さは「壁」を思わせる高さである。西側に平虎口を設け、開口部は約3m、虎口を形成する土塁の高さは3m〜5m。
 二の曲輪の南側に一の曲輪を配し、切岸高さは10mを越える。一の曲輪の南側には堀切、この堀切は東側まで廻って横堀に変化する。
堀切を超えると、削平状態は良いとは云えない曲輪を経て木代神社に至る。おそらくはこの木代神社も城域の一部であろう。
 兎に角、本格的な城で、伊賀にこれだけの規模の城があったとは意外だった。

【城郭の歴史】
 「三国地誌」に吉田氏堡蓮池村とあるだけで、詳細不明。
HOME三重県の城郭

近江の城郭