田光(たぴか)城
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:三重郡菰野町田光字城山
別 名 : −
築 城 :永延年間
初城主:田光隼則
区 分 :平山城 
遺 構 :土塁,空堀,土橋,天主台
城 域 :220m×70m
      
標高 110m
      比高 30m


主曲輪背後の空掘と土橋

【現地への案内】
国道306号線田光の信号を田光川に沿って西へ約500m、田光公民館前
詳細はコチラ 

【駐車場田光公民館の駐車場を利用、約10台駐車可
【訪 城】2004年5月
【撮 影】2004年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 田光城は多比鹿神社の背後(北側)の山に築かれている。山形は比較的なだらかであるが、南側は田光川の渓谷に落ち込む要害地形である。
 城域は広く、スグには全貌を掴みづらい、天主台といわれる15m×20mの方形の曲輪の南側に約35m×40mの広さの主曲輪があり、周囲には自然地形から切り出したままの土塁が巡らされ、土塁の内法には人頭大の石積みが所々に残っている。また、天主台の背後には空掘を配し、空掘には土橋がかけられている。空堀の対岸からなだらかな勾配の山麓に曲輪が土塁が築かれて、土塁の外法に石積みがされているのが興味深い。
曲輪は階段状で、屋敷跡のような印象をうける。

【城郭の歴史】
 遠泳年間に田光隼則が築き、姓を梅戸と改めたと伝えられる。梅戸氏は近江の佐々木氏の六角定頼の四男を嗣子として、梅戸左衛門尉高実と称したと云われる。
HOME三重県の城郭

近江の城郭