杉谷城
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:三重郡菰野町杉谷字最上
別 名 : −
築 城 :戦国時代
初城主:荻原(杉谷)善住坊
区 分 :平山城 
遺 構 :土塁,空堀,堀切
城 域 :190m×70m
    標高 110m
     比高 30m


熊野神社から見た杉谷城

【現地への案内】
国道306号線杉谷築、慈眼寺、および熊野神社が目当て
詳細はコチラ 

【駐車場熊野神社前の駐車場を利用、約10台駐車可
【訪 城】2004年5月
【撮 影】2004年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 熊野神社の南西の山、林の中屋敷跡のような曲輪が延々と続く。自然谷を利用した堀切なども認められるが、どこからどこまでが城域なのかきわめてわかりにくい。
 城郭大系にはこれら曲輪らしき部分は城域と示されていないが、城域として示されている箇所には周囲に土塁が巡らされている。

【城郭の歴史】
 杉谷城は三国地誌に荻原善住坊居守とある。杉谷善住坊は元亀元年(1570)、六角義賢(承禎)に頼まれて、千種越えをする織田信長を狙撃した人物とともに鉄砲の名手としても知られている。
HOME三重県の城郭

近江の城郭