小岐須城
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:鈴鹿市小岐須町字北条
別 名 : −
築 城 :戦国時代
初城主:小岐須常陸守
区 分 :平城
遺 構 :土塁,空切
城 域 :100m×60m

     標高 180m
     比高 20m


遍照寺背後の空掘

【現地への案内】
 東名阪自動車道鈴鹿ICから県道560号線を西へ約5km、県道11号線を南へ約500m、遍照寺
詳細はコチラ  
左メニュー付き
【駐車場空地を利用
【訪 城】2005年4月
【撮 影】2005年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地
縄張り ★★  
普請 ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 小岐須城は光明山遍照寺一帯であるとされる。遍照寺の裏手の林の中に入ると、堀底幅1,5mほど、深さ4〜5mの空掘が20〜30mにわたって残されている。
この空掘、20〜30mの間に折れが5箇所も入れてあり、元亀〜天正期の改修が推測される。

 遍照寺の境内が小岐須城の中核部であり、東側の山林の中にも階段状の削平地が確認されるが、こちらは当時のものかどうかは不明。また、遍照寺山門前に土塁の一部が残る。
 遍照寺の前を通る県道11号線(四日市関線)は鈴鹿山系の山裾を這うように、狭い道が曲ながら関町に至って、東海道、伊賀街道を繋がる。道沿いには転々と真宗高田派の寺があり、古くから街道として利用していたことが推測される。

【城郭の歴史】
 「伊勢名勝志」によると、永禄年間(1558〜70)に関盛信が居城したとされ、その子盛経は織田氏に属したが、天正12年(1584)羽柴秀吉に滅ぼされたと記されている。「亀城兎園記」には、小岐須常陸守が居し、息三郎四郎は横井市平(山本城)を討ったとしており、城は兵乱の折、焼失したと伝えられている
HOME三重県の城郭

近江の城郭