小川城
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:亀山市小川町一色
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主:小川下野守
区 分 :平山城
遺 構 :土塁
城 域 :80m×40m
     標高 100m
     比高 20m




曲輪内部と土塁

【現地への案内】
関町から県道11号線に入り約5km、小川町で前田川を渡る手前の舌状台地先端、前田川を渡った所の万寿寺を目当てにすると分かりやすい
詳細はコチラ 

【駐車場空地を利用
【訪 城】2005年4月
【撮 影】2005年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 小川城は、小岐須城大久保城山本城等と共に、街道(現在の県道11号線・四日市関線)を押さえる目的で築かれたものと考えられ、前田川の左岸にある舌状台地の先端に位置している。
 南北40m、東西20mほどの単郭方形の城で、北と西に1m足らずの低土塁を巡らし、東は比高差のある切岸としているが、南側背後は、直接住宅地の庭に繋がり、築城面では技巧的な部分は認められない。
 なお、小川城の碑は県道11号線が前田川を越え、関町方面に向かって坂を登り切った住宅地の入口に建てられている。現地の地形を理解していない人は、この碑の場所が小川城の跡だと勘違いするのではないだろうか。

【城郭の歴史】
 小川図書頭は関安芸守の家臣である、その先祖小川下野守は正平2年(1351)11月凶徒追討の戦いによって南朝綾小路大納言より感状を受けたという。小川丹波守、図書猪之助等が歴代居城した。
現地案内板より

HOME三重県の城郭

近江の城郭