菰野陣屋
HOME三重県の城郭
【城郭の概要】
所在地:三重郡菰野町藩内
別 名 :菰野城,薦野城
築 城 :慶長6年(1601)
初城主:土方丹後守雄氏
区 分 :平城 
遺 構 :土塁,堀
城 域 :200m×300m

土塁
菰野小学校内の土塁

【現地への案内】
国道477号線と国道306号線の交差点を200m南下、菰野小学校
詳細はコチラ 

【駐車場小学校の駐車場を利用 
【訪 城】2004年5月
【撮 影】2004年5月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 菰野小学校正門の西側に高さ3〜4mの土塁と堀跡が残る、堀は排水溝として石とコンクリートで固められてはいるが、土塁と対になっており一目で堀と分かる。
小学校の裏手に回ると菰野城址の石碑が建てられている。


【城郭の歴史】
 慶長5年(1600)関ヶ原の合戦後、土方雄氏は家康より1万2千石を与えられ、滝川一益の代官所跡を補修し修繕し仮陣屋を設けた。それ以後、12代雄永に至る2970年間土方氏の居城として使われた。
 雄氏の頃の藩邸はきわめて簡素であったが、2代目雄高は城の中心部に館を建て、藩邸の整備を行い、領内の藩士を周囲に住まわせた。また四日市街道沿いには東町,庄部,河原町などの街区を整え、城下町造りを行った。3代雄豊は、万治3年(1660)陣屋の全面修理を行い、侍町を含めた地域を城内として、その周囲に柵を巡らし城の東,北,南に木戸をもうけた。その後、藩邸は二度焼失したが新築され、館の周囲に土塁を巡らし、南側に表門、東側に江戸先門が築かれた。西側には孟宗竹の藪を隔てて蔵屋敷が続き、御屋敷の西南と西北側に土塁が築かれ樹木が植えられていた。
 陣屋は大手門,玄関,対面所,御用部屋,書淫,奥居間,納戸,台所などに間取りされ、その周りを馬小屋,兵糧庫,武器庫,仲間部屋などが取り囲んでいた。
 明治元年(1868)12代雄永の妻・益子姫を迎えるにあたり、領民の全面的な協力を得て急きょ城濠と角櫓の工事が行われた。東西92間(167m)、南北73間(133m)、幅4間(7.3m)の濠が掘られ、濠と振子川が合流する南西角に二層の角櫓が築かれた。明治2年、雄永の版籍奉還後菰野藩庁となり、明治4年廃藩置県により菰野県庁となったが、同年11月菰野県も廃され廃城となった、その後この地に菰野小学校(元菰野小学校)が移り、現在に至っている。
現地案内板より

HOME三重県の城郭

近江の城郭