山城 淀城
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:京都市伏見区淀本町
別 名 : −
築 城 :元和9年(1623)
初城主:松平定綱
区 分 :平山城
遺 構 :堀,石垣
城 域 :450m×300m
     標高 20m


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan
 駐車場
路上駐車
【訪 城】2000年9月
【撮 影】2000年9月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

淀城天守台と堀
淀城天守台と堀

 現地の状況
 淀城は京阪淀駅の西側に位置し、京阪電車の中からも天守台石垣を見ることができ、京阪淀駅は淀城の内堀を埋め立てたところに建てられていると云った表現のほうが適切である。

 淀城といえば、淀君のお城として知られているが、淀君の淀城は「淀古城」と呼ばれ、淀城から北へ500mほどの位置にあったとされる。

 当時の淀城は北を流れる桂川を堀として取り込み三重の堀が巡らされていた。現在では内堀の一部と本丸と本丸天守台の石垣が残るのみで、当時難攻不落とされた淀城を想像することすらできない。

当時の淀城縄張り図
当時の淀城縄張り図

 城郭の歴史
 淀城は、元和9年(1623)7月、廃城となった伏見城の廃城に伴い京都護衛の役目を担った城で、寛永2年(1625)には五層の天守をもつ城が完成したと伝えられる。

 「淀古今真佐子」によれば二条城の旧天守閣や殿舎や姫路城の櫓なども移築されたという。当初、天守閣は伏見城のものが移築される計画であったが、行幸の為に新築計画が持ち上がった二条城の天守が移築された。この天守は伏見城のものより小振りであったため天守台に隙間ができてしまったという。

 寛永10年松平定綱が美濃国に転封の後は永井尚政、石川憲之、戸田光煕石川総慶、松平乗邑が城主となり、享保8年(1723)に春日局の子孫である稲葉正知が10万2千石で入封した後幕末に至った。

 慶応4年(1686)の鳥羽伏見の戦いでは敗走する幕府軍に門を閉じ、官軍の勝利に一役買う形となった。

 



近隣の史跡
淀古城
 伏見区納所町北城堀にある妙教寺一帯で、羽柴秀長が改修し、秀吉の側室である淀君のお城として知られている。
mapfan


お薦めの書籍

お勧め度








淀城をもっと紹介

石垣と堀
石垣と堀



天守台石垣
天守台石垣

HOME京都府の城郭

近江の城郭