山家陣屋
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:綾部市広瀬町
別 名 :鷹栖陣屋,
築 城 :天正10年(1582)
初城主:谷出羽守衛友
区 分 :平山城
遺 構 :堀


 現地への案内
交通機関は車を利用
JR山陰線 山家駅の北約500m
 詳細位置はコチラ
mapfan
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


山家城址碑と模擬大手門

 現地の状況
 山家陣屋は由良川と上林川の合流点の北、上林川左岸の河岸段丘にあり、役所,武家屋敷、御殿跡は、昭和51年に山家城址公園として整備されている。

 模擬大手門を潜ると役所跡で北側に武家屋敷、御殿と続く。御殿背後には現在も深さ3〜4mの空堀が残っている。
 なお、山家城は陣屋跡の北、甲ヶ峰に築かれており、伊也神社から登ることができる。

御殿背後の空堀

 城郭の歴史
 山家陣屋は谷出羽守衛友が天正10年(1582)秀吉より1万6千石をもらって美濃国から封ぜられた谷藩政の中心の地である。

 藩主谷出羽守衛友の父は大膳亮衛好といい、織田信長に仕え、天正4年(1576)の大阪本願寺攻めに軍功をあげ、家紋「揚羽蝶」を賜るが、天正7年(1579)播州三木攻めに加わり、父討死し、三木の如意山金剛寺に祀る。

 山家初代藩主谷出羽守衛友は父・衛好と共に三木攻めに加わり父討死の時その屍を奪い返し仇を討ち取る。
 この時の勇戦の感状を秀吉から家紋「五三の桐」を受け本領(山家)加増され山家に封ぜられた。城内の灯籠には、こうした史実を止める「揚羽蝶」と「五三の桐」の門が之押されている。

 山家城址(山家陣屋)は約21,000平方メートルの面積を有し城址内には藩主の祖霊を祀る谷霊神社や背後の山腹には式内社の一つである伊也神社があり歴史的な文化を今も止めている。

綾部市 現地案内板より






HOME京都府の城郭

近江の城郭 近江の城郭に戻る