丹波 須知城(しゅうちじょう)
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:船井郡京丹波町市森
別 名 :市森城
築 城 :南北朝期
初城主:須知景光
区 分 :山城
遺 構 :石垣,土塁,堀切
城域 :300m×30m
   標高 390m
   比高 180m
 現地への案内

国道9号線、丹波ICの信号の50m北の信号を琴滝方面へ、京都縦貫道のガードをくぐり、すぐに左折し、森の集落はずれ。
詳細位置はコチラ 

 駐車場
森の集落のはずれに1台分の駐車余地あり

【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★★
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り





五の曲輪(西端の曲輪)

 現地の状況
 森集落から山道を約15分、雑木を手がかりに急な斜面を登り切ると須知城の西端の曲輪に出る。35m×25mほどの広い曲輪で削平も非常に良好で、西側には土塁が確認できる。

 西端の曲輪(仮に五の曲輪とする)から幅20mほどの尾根上に階段状の3つの曲輪経て一の曲輪に至るが、二の曲輪と一の曲輪の切岸に1mほどの石積みがされている。石積みは奥行きが1〜2mあり、石垣というよりは石塁といった方が適当であろう。
 また、三の曲輪の石塁には枡形虎口らしき形状が認められる。

 一の曲輪の背後(東端)には高さ3〜4mの土塁が築かれているが、この土塁の裏手はれっきとした石垣で、その高さと4面の総長30mほどにもわたるスケールに度肝を抜かれた。

 石垣から東に延びる尾根には20mほどの距離をおいて堀切を入れ、堀切から東には更に5つの小曲輪を連ねた連郭式城郭の見本をみるような山城である。


二の曲輪の石塁
二の曲輪の石塁
 城郭の歴史
 観応3年(1352)5月15日、丹波守護代荻野朝忠に属した中津川(遠山)小次郎秀家らの寄せ手によって須知城が落城した。
 石垣が積まれた年代は天正期と考えられるが、詳細は不明。


周知城をもっと紹介

主曲輪背後の石垣
主曲輪背後の石垣

主曲輪背後の石垣
主曲輪背後の石垣
HOME京都府の城郭

近江の城郭