山城 勝竜寺城
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:長岡京市勝竜寺城ノ内
別 名 : −
築 城 :室町時代中期)
初城主:畠山義就
区 分 :平城
遺 構 :土塁,空堀
城 域 :100m×600m
     標高 20m


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan
 駐車場
専用無料駐車場を利用
JR京都線長岡京駅下車、南へ徒歩で約10分
【訪 城】2000年9月
【撮 影】2000年9月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

復元された隅櫓
復原された隅櫓

 現地の状況
 勝竜寺城は小畑川と犬川の合流点付近に築かれ三方を川に囲まれる地形を利用して築城され、長岡京は京から西宮宿まで通じる西国街道を押さえる要衝の地でもある。

 平成4年(1992)に本丸および沼田丸が整備され、勝竜寺城公園として生まれ変わった。隅櫓などは模擬である。
 当時の遺構としては、当城北東に位置する神足神社境内に空堀や低土塁が残っている。


勝竜寺城の鳥瞰図
当時の勝竜寺城の鳥瞰図

 城郭の歴史
 勝竜寺城は南北朝時代に京都に進出する南朝方に備えて細川頼春が暦応2年(1339)に築いたと云われる。
城は京都南西部に位置し、西国街道と久我畷を同時に押さえ得る交通の要衝に築かれている。

 応仁・文明の乱(1467〜1477)では西軍の守護・畠山義就の乙訓地域の拠点となった。
 戦国時代になると織田信長から、この城を与えられた細川藤高が元亀2年(1571)に三重の堀と土塁をもつ城に改修した。
 天正10年(1582)の山崎の戦いでは明智光秀が勝竜寺城に入ったが、羽柴秀吉との戦いに破れ落城した。

 城の中心部には本丸と沼田丸があり、その周囲に堀をめぐらしていた。北東の神足(こうたり)神社付近には城の北方を守るためにつくられた土塁跡や空堀跡が残されている。

 平成4年に勝竜寺城公園として整備されるに先立つ発掘調査で細川藤高が改修した時代の石垣や多聞櫓が発見された。

 この勝竜寺城は明智光秀の娘・玉(後の細川ガラシャ)が16歳で細川藤高の子・忠興のもとに嫁いだ城としても知られている。

 



観 光
光明寺
京都府長岡京市栗生西条26-1
TEL:075-955-0002
mapfan
紅葉の名所、見ごろは11月中旬〜11月下旬

長岡天満宮
長岡京市天神2丁目15−13
TEL 075-951-1025
長岡端万宮
 菅原道真公が太宰府へ左遷された時、この地に立ち寄り「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しまれた縁故によって創立された。
mapfan



お薦めの書籍










勝竜寺城をもっと紹介

隅櫓と堀
隅櫓と堀



神足神社に残る土塁


細川忠興と玉(ガラシャ)像
細川忠興と玉(ガラシャ)像



神足神社に残る空堀と土橋
HOME京都府の城郭

近江の城郭