勝軍山城
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:京都市左京区一乗寺松原町
別 名 :勝軍地蔵,勝軍地蔵山
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :土塁、横堀
城 域 : −
     標高 301m
     比高 約250m


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan
 駐車場
狸谷不動院の無料駐車場がある
【訪 城】2008年1月
【撮 影】2008年1月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


お薦めの書籍









南尾根の空堀
南尾根の空堀

 現地の状況
 勝軍山城は瓜生山山頂から南に延びる2本の支尾根と、東に延びる尾根上、および瓜生山と谷を挟んで東に位置する山の山頂付近に築かれている城砦群の総称である。
 この瓜生山(勝軍山城,勝軍地蔵山)は、応仁・文明の乱以降、京・近江で戦いが起こる度に如意岳と共に城塞として利用されてきた所であり、その時代、時代の城郭遺構が重なるようにして現在に残されている。
今回は瓜生山一帯の城郭遺構について紹介する。

 瓜生山は近江国と京を結ぶ白川越えを眼下に押さえる位置にあり、京都側からは詩仙堂横から狸谷不動院本堂を経て山頂に至るルートと、曼殊院から瓜生山山頂に至るルートがある。
 狸谷不動院の駐車場から約250段の石段を登り詰めると、清水寺の舞台を彷彿とさせる狸谷不動院の本堂にでる。ここからは奥の院へのハイキングコースに入り、山道を15分ほども登ると瓜生山(標高301m)の山頂に着く。
なお、奥の院は山頂手前から谷に下るので間違えないようにしたい。

 山頂手前から曲輪や土塁らしきものが認められるが、築造された年代が古いためか、自然地形と判別しがたい。

 城郭遺構がもっともよく残っているのが、山頂から南に延びる2本の尾根上である。いずれも幅15〜20mのほど尾根に延々と曲輪を連ねており、要所要所には空掘、土塁が配されている。
 南尾根にこうした防御施設が設けられているのは、瓜生山が文明年間から元亀年間にかけて軍事的に機能した時には、敵対勢力が瓜生山の南約2kmにある如意岳城に入って対峙したことによる。

 瓜生山の東尾根を距離にして300mほども下った付近からも城郭遺構が認められるでの、こちらも併せて見て廻ることで、瓜生山を中心とした勝軍山城が時代によって多面的な使われ方をしていたことを窺い知ることができる。

 なお、山中はハイキング道が縦横に走り、眼下の眺望も西に東に変わるため、方位計を持っていかれることをお奨めする。

 また、瓜生山の東、谷を隔てた山にも城郭遺構が残されているが、こちらは土塁を多用して築造され、瓜生山の遺構とは少し趣が異なるようなので、機会をみつけて登ってみたい。

 瓜生山中腹には狸谷不動院には剣豪宮本武蔵が修業を積んだとされる滝や、宮本武蔵と吉岡一門が戦った一乗寺下り松の古木が展示されている八大神社などもあって楽しめる。


 城郭の歴史
 以下に瓜生山(勝軍山城,勝軍地蔵山)に由来する戦いを記す。

大永7年(1527)
 細川高国は波多野,柳本氏らの離反と細川澄元の子・細川晴元,三好一族等の畿内進出に対して、1月に東山勝軍地蔵山に城を築いた。

享禄3〜4年(1530〜1531)
 享禄3年に京を追われた細川高国を支援する内藤彦七や栗屋勝春らは如意岳や南禅寺方面に進出する一方、勝軍地蔵に軍をおいた。高国が摂津大物で敗死したことで、高国方は敗走、勝軍地蔵の陣も六角氏によって焼き払われた。

天文5年(1536)
 「天文法華の乱」で、比叡山,三井寺の軍勢は勝軍山地蔵に陣をおいて洛中の法華宗徒を攻撃した。

天文15〜16年(1546〜1547)
 亡き細川高国の跡目を継がんと細川氏綱が軍事行動を起こした際、氏綱を支援する将軍足利義晴は六角氏の支援を得て、将軍地蔵下の山に城を築城したが、三好氏、および態度を変えた六角氏の攻撃を受けて自焼け。

永禄元年(1558)
 将軍足利義輝は一旦三好長慶と和睦をするが、再び対立し、細川晴元、六角義賢と組み、坂本に陣をおいた。この義輝の動きに対し三好方は勝軍地蔵山を城とした。一方の義輝方は如意岳に城を構え退陣したが、三好方の勝軍地蔵山の城は自焼け。

永禄4〜5年(1561〜1562)
三好長慶やと対立した六角義賢は永禄4年に勝軍山に陣を構え、翌永禄5年に入洛を果たした。

元亀元年(1570)
 姉川の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた浅井・朝倉氏は宇佐山城で織田軍を破り、先鋒が勝軍山に陣をおいたが、勝軍山山麓の白川に陣をおいた織田軍に対し、浅井・朝倉軍は近江方面に陣変えしたことで、今度は信長軍が勝軍山に陣を移す。その後勅命により和睦がなり、浅井・朝倉氏の和睦条件である陣払いの対象となって勝軍山の城は自焼けした。


 なお、「勝軍地蔵」は火伏の神として崇められ信仰されている愛宕神の流れをくむもので、これを崇拝すれば必ず勝利を得るとして、愛宕大権現と称して武門守護の神として崇拝されていた。

 永正17年(1520)近江守護六角定頼が近江に逃れていた細川高国を支援して、入洛する際に瓜生山の山頂に祀ったことで瓜生山一帯を勝軍地蔵山と称されている。その後、瓜生山の山道が険しいということで、江戸期の宝暦12年(1762)に現在のバブテスト病院の西山(北白川山ノ元町の丸山)に移されているという。
 では、現在の瓜生山山頂の祠と岩室に祀られているのは何?
 



近隣の史跡
狸谷山不動院
京都市左京区一乗寺松原町6
狸谷山不動院
 瓜生山に登る途中にあり、「タヌキダニのお不動さん」として交通安全・厄よけ祈願で知られる。
 宮本武蔵が心の剣をみがいたといわれる武蔵之滝があり修行場として信仰された。


八大神社
京都市左京区一乗寺松原町1
八大神社
 ご祭神は、素盞鳴命(すさのうのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、八王子命。今から約700年前の永仁2年(1294)の創建。応仁の乱の兵火により焼失したが、慶長元年(1596)に再建された。
武蔵21歳の時、八大神社の境内であった下り松の下で吉岡一門と決闘を行っており、決闘に挑む武蔵 のブロンズ像、および一乗寺下り松の古木が本殿横にある。


哲学の道
哲学の道
 北は慈照寺(銀閣寺)から南は南禅寺付近に至る約1.5kmの琵琶湖疎水分流沿いの小径で、もともと「思索の小径」と呼ばれていたが、近代を代表する哲学者の西田幾多郎が好んで散策し、思索にふけったことなどから「哲学の道」・「哲学の小径」と呼ばれるようになった。

お薦めの書籍

お勧め度



お勧め度



お勧め度





南尾根の曲輪
南尾根の曲輪

六角定頼が祀ったとされる元・勝軍地蔵
六角定頼が祀ったとされる元・勝軍地蔵
南尾根の階段状曲輪
南尾根の階段状曲輪

瓜生山から見る京都市内西方
瓜生山から見る京都市内西方
HOME京都府の城郭

近江の城郭