丹波 園部城
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:南丹市園部町小桜町
別 名 : −
築 城 :江戸時代
初城主:小出吉親
区 分 :平山城
遺 構 :大手門,,巽櫓,石垣
城 域 :436m×654m

府指定文化財


 現地への案内
交通機関は車を利用
園部高校

mapfan
 駐車場
園部総合公園の駐車場を利用
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地
縄張り
普請 ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

移築された巽櫓と大手門
移築された巽櫓と大手門

 現地の状況
 園部城の主要部の跡地に府立園部高校が建てられ、本丸巽櫓が園部高校の郷土館として、また大手門が園部高校の校門として移築されている。
学校の校門としてこれだけ立派なものは見たことがない。(^^)
また、 園部城の太鼓櫓が、南丹市八木町北屋賀にある安楽寺に移築され、八木町指定文化財となっている。

 隣接する園部総合公園内には園部城と見違えるような建物が建てられているが、これは平成4年に南丹市国際交流会館で、隣の文化博物館では園部の古代から現代までの歴史を模型や映像などで紹介している。
園部高校の校門として移築された大手門
園部高校の校門として移築された大手門

園部高校の郷土館・本丸巽櫓
園部高校の郷土館・本丸巽櫓


 城郭の歴史
 但馬出石城にあった小出吉親が元和5年(1620)国替えによって園部に移封され、園部城の築城を開始し、同7年に園部城の完成を見みた。

 以後、園部城には250年間にわたって小出氏が在封し、大政奉還に至った。
園部城には元々天守閣がなかったため、園部陣屋とも呼ばれていたが、北西部の小麦山には三層の小麦山櫓が建てられていたという。




周山街道関連





HOME京都府の城郭

近江の城郭