神尾山城(かんのおさん)
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:亀岡市宮前町宮川
別 名 :神尾城,神尾寺城,本目城,本梅城
築 城 :大永6年(1526)
初城主:柳本弾正(賢治)
区 分 :山城
遺 構 :曲輪,堀切,石積み,井戸
城 域 :400m×100m
     標高 434m
     比高 234m


 現地への案内
交通機関は車を利用
 詳細位置はコチラ
mapfan
 駐車場
金輪寺の駐車場を利用、7〜8台駐車可
【訪 城】1999年10月
【撮 影】1999年10月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


切岸遺構

 現地の状況
 神尾山城は宮川沿いに通る篠山街道(県道452号線)の西に位置し、半国山(標高774m)から延びる尾根の先端部に築城されている。
 車で中腹の金輪寺まで登ることができ、本堂の横から山道を登り出すと、すぐに左手に階段状に配置された曲輪が確認できる。また、道が狭まり城戸と思われる所には石積みを見ることが出来る。

 最高部の主曲輪から北、南、および南西の尾根筋にそれぞれ曲輪が配置されているが、土塁などは確認できず、切岸主体の山城である。

 城郭の歴史
 神尾山城は金輪寺をはじめとして、天台密教の霊場とされた山中にあり、坊跡を曲輪として利用した山城である。
 大永6年、細川高国によって兄の香西光守が殺されたことで、波多野備前守稙通は八上城に籠もり、弟の柳本弾正には神尾山城を守らせたとされる。

 天正7年(1579)には、丹波攻めを行う明智光秀は籾井城・籾井越中守を討った後は、八上城を攻めあぐね、敵方の荒木山城の高屋筑後を頼り本目(神尾山城)の西蔵院と愛宕山の大善院とを仲介として、母親を人質として八上城に送ることで和議を申し入れた。
 和議のため八上城を出た波多野秀治・秀尚の兄弟を本目城(神尾山城)に招き入れた。安土城に連行した波多野秀治・秀尚の兄弟は信長によって殺害され、光秀の母親は八上城で磔にされ殺害されることとなった。

 


HOME京都府の城郭

近江の城郭