田中城(上中城)
HOME京都府の城郭
 城郭の概要
所在地:京都市右京区京北上中町
別 名 :田中ノ小城,上中城
築 城 :室町時代
初城主:弓削国直
区 分 :館城
遺 構 :土塁,曲輪
城 域 :84m×37m

市指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用
周山街道の西、約300m

mapfan
 駐車場
空地を利用
【訪 城】2007年5月
【撮 影】2007年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


曲輪と土塁

 現地の状況
 周山街道の西沿いの上中町、消防センターの裏手の田圃の中に上中城の史跡保存のためにつくられた小公園がある。ここが田中城であるが、田圃の中の空地といった具合で、至って判りにくい。(^^:

 地形的には全くの平地で、土塁を除いては城郭との関連を見いだすものといえば、南側の住宅地が若干低く、堀跡を連想させる。
また、西側の小川は川幅の割には深く、こちらも堀との関連を想像させる。


縄張り図


 城郭の歴史
 京都市右京区京北上中町城下町に所在する(田中の小城)は、天皇を退位した院の御所を警備する北面の武士の一人によって天仁年中(西暦1108年〜1110年)に築かれたと伝えられています。この北面の武士は、蔵人大夫正平の末裔九郎国眞であるという伝承が残っていますが、確かなことはわかりません。
 しかし、京の都と丹波や丹後地域を結ぶ周山街道沿いの要衝が築城の場所として選ばれていることは、築城者が院政の政権と強く結びついていた可能性を示すものかもしれません。

 実際、平成5年から平成7年に実施された発掘調査により、この城は12世紀から13世紀を中心に使用されていたことがわかりました。
上中城は、東西84m,南北40m,周辺部の水田より1 m程度盛り上がった城内部分の面積が3,000u余り(史跡指定範囲は4,810u)あります。城の周囲には幅5m,深さ1m,の濠が廻り,城内の北端部に幅5m、高さ1.8m、長さ20mの土塁が築かれていることが明らかになりました。

 京都市内には、140余りの城郭がありますが、平地に築かれる城の形として非常に珍しい楕円形である点、平安時代末期に遡る非常に古い城である点、城跡全体が良好な形で残っている点など特筆すべき特徴があることから、後世に残していきたい貴重な文化財として平成17年に京都市指定史跡になりました。 

現地案内板より




周山街道関連





HOME京都府の城郭

近江の城郭