鳥越城
HOME石川県の城郭
 城郭の概要
所在地:白山市三坂町
別 名 :別宮城
築 城 : −
初城主:鈴木出羽守
区 分 :山城
遺 構 :本丸跡,枡形門,堀切,土塁
城 域 :400m×1300m
     標高 312m
     比高 130m

 現地への案内
交通機関は車を利用
JR松任駅の南200m、おかりや公園
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 専用駐車場を利用
【訪 城】2003年11月
【撮 影】2003年11月

評価項目 見所評価
選地
縄張り ★★
普請 ★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


復原された本丸城門

 現地の状況
 鳥越城は手取湖から流れ出る手取川に沿って走る白山街道沿いにあって、西に大日川、東に手取川が流れる標高312m(比高130m)の鳥越山の山頂付近に築かれてる。

 曲輪は本丸を中心に北に後二の丸、後三の丸、南に二の丸と三の丸を配置し、北端の後三の丸と南端の三の丸は堀切で独立した曲輪としている。
堀切で曲輪を独立させる配置は北条の城にも見られるが、北端と南端の2つもの曲輪を独立させているのは、いかにも、「進むは極楽、退けば地獄」と念仏を唱えながら戦った一向一揆衆の城らしい曲輪構成だと感じた。

 本丸虎口は枡形虎口で、一向一揆衆の城で枡形虎口があるのはこの鳥越城だけではあるまいか。天正後期にもなると一向一揆衆にも築城の際に縄張りを担当する者が出てきたということか。
 また、虎口は石垣で造りで模擬の高麗門が建てられている。この門がいかにも当時のものらしく造られており趣がある。
 

本丸石垣



本丸と礎石

 城郭の歴史
 天正8年3月に石山本願寺の本願寺顕如は織田信長に屈し、永禄11年から約10年の長きにわたって信長の野望の前に立ちはだかってきた本願寺との石山合戦は終わった。
 同年4月、加賀一向一揆の拠点である金沢御堂が柴田勝家によって落とされるも、頑強に抵抗を続けた鳥越城と二曲城も落城。
 加賀を平定した柴田勝家は金沢御堂を尾山城(現金沢城)と改め、甥の佐久間盛政を入れ置いた。鳥越城には吉原次郎兵衛、二曲城には毛利九郎兵衛を入れて白山山麓の支配にあたらせた。
翌天正9年、一向一揆の山内衆は鳥越城、二曲城を奪還するが、佐久間盛政によって鎮圧された。




観 光
鳥越一向一揆歴史館
白山市出合町甲26
TEL 0761-94-8020 
大人300円
月曜休
mapfan
山里にとけこんだ土蔵をイメージした造りで、全国で唯一の一向一揆に関する建物です。

白山恐竜パーク白峰
白山市桑島4号99番地1
TEL 0761-98-2724(夏季)
TEL 0761-98-2121(冬季)
大人 800円
木曜日休

mapfan

ハーブの里 ミントレイノ
白山市女原 甲58
大人 800円
水曜日休日
mapfan

手取川古戦場
白山市湊町ヨ146
mapfan
 上杉謙信と織田信長が戦った古戦場。上杉軍の奇襲に遭った織田信長軍が大敗。
 旧美川町の呉竹文庫の敷地内に手取川古戦場碑が設置されている。

お薦めの書籍






HOME石川県の城郭

近江の城郭