森城
HOME石川県の城郭
 城郭の概要
所在地:かほく市森
別 名 : −
築 城 :戦国期
初城主:村上右衛門か
区 分 :平山城
遺 構 :曲輪,土塁
城 域 :150m×100m
     標高 20m
     比高 15m

 現地への案内
交通機関は車を利用
かほく市役所の東焼き600m
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 路上駐車
【訪 城】2007年3月
【撮 影】2007年3月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り
普請
体力消耗度
お勧め度 ☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



 現地の状況
 森城は津幡城の北約4kmにあり、河北潟に流れ込む宇ノ気川の東、比高20mほどの独立した小山に築城されている。
 現在では村社八幡神社の社地となっており、八幡神社が祀られている25m×20mほどの平地が主曲輪であろう。主曲輪の西には高さ1mほどの低土塁が残っている。八幡神社参道の階段横に森城であることを示す標識が建てられているが、この標識がなければ城址だと断定しがたい状況である。
 大手は八幡社の階段となっている南に開き、東側は現在田圃であるが、低地であり、当時は河北潟に繋がる湿地帯ではなかったか。

 城郭の歴史
 「宝永誌」に村上右衛門が在城したことを示すのみで、詳細不明。





観 光
倶利伽羅古戦場
河北郡津幡町倶利伽羅リ2
mapfan
 寿永2年(1183年)の源氏と平家が興亡の明暗を分けた倶利伽羅合戦(砺波山合戦)の舞台となったところで、木曽義仲が平家を相手に「火牛の計」で勝利した地。
 峠からは立山連峰を望め眺望は抜群。


HOME石川県の城郭

近江の城郭