松根城
HOME石川県の城郭
 城郭の概要
所在地:金沢市松根町
別 名 : −
築 城 :天正年間(1573〜1592)
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :曲輪,土塁,空掘,堅堀,堀切
城 域 :330m×100m
     標高 308m


 現地への案内
交通機関は車を利用
北陸自動車道金沢森本ICから国道359号線を東へ10km、金沢国際GC横
 詳細位置はコチラ mapfan
 駐車場
 路上駐車、数台駐車可
【訪 城】2007年3月
【撮 影】2007年3月

評価項目 見所評価
選地 ★★
縄張り ★★★
普請 ★★★
体力消耗度 ★★
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


本丸東の空掘




 現地の状況
 国道359号線から金沢国際ゴルフクラブをめざしてひたすら車を走らせる。金沢国際ゴルフクラブの入口ゲートから100mあまりで道は行き止まりとなり、そこは既に松根城の城域である。

 松根城は加賀と越中の国境にある松根山の山頂、南北に走る尾根上に築かれている。松根城の南約100mに松根峠があり、加賀と越中を繋ぐ小原道を取り込んだ城郭といっても良い。

 松根城は本丸を中心にして北に二の丸、三の丸と配置した連郭式の山城で、曲輪周囲には横堀を巡らせ、要所、要所には堅堀を横堀とドッキングさせて配置し、緩斜面の弱点を補強している。
 城域のほぼ南端に堀と土橋で1折れの虎口を配し、山形をそのまま利用した広い本丸に導き入れている。各曲輪間に堀切を入れずに、機動性を高めた広い曲輪のライン(線)で防御する思想が特徴的である。
 三の丸の北、最北端の尾根と南西尾根は巨大な堀切で城全体の独立性を高めている。特に南西尾根の堀切は、22mmの広角カメラでもやっと画画に入るかどうかという巨大なものであるが、雑木のため写真を撮ることができなかったのが残念である。


虎口前面の空掘

 城郭の歴史
 加越国境の分水嶺に位置し、標高309mの松根山頂にあって本丸の広さは660平方m。山腹には空堀が城を取り巻いている典型的な中世の山城である。
 東方には砺波平野、富山湾、立山を、北方には能登半島、西方には朝日山城、その向こうには河北湾、金沢平野、日本海を一望できる。
 応安2年(1369)、ここに陣する越中の桃井直和を能登の吉見左馬助らが攻略したといわれ、のち文明年間(1496〜1487)に一向一揆の首領の一人州崎兵庫(慶覚)がここに陣を敷いた。また天正12年(1584)末森城の戦いの時には佐々成政の出城として、その家臣・杉山隆重にここを守らせた。
現地案内板より


三の丸北側の堀切



観 光
倶利伽羅古戦場
河北郡津幡町倶利伽羅リ2
mapfan
 寿永2年(1183年)の源氏と平家が興亡の明暗を分けた倶利伽羅合戦(砺波山合戦)の舞台となったところで、木曽義仲が平家を相手に「火牛の計」で勝利した地。
 峠からは立山連峰を望め眺望は抜群。

妙立寺
金沢市野町1-2-12
TEL 076-241-0888
mapfan
 加賀藩の出城ともいわれ、4階7層の建物内部にある井戸、落とし穴階段、仕掛け賽銭箱など、敵を欺く仕掛けが隠されていおり、別名・忍者寺ともよばれるほど複雑な構造をしている。




HOME石川県の城郭

近江の城郭