恒屋城
HOME兵庫県の城郭
 城郭の概要
所在地:姫路市香寺町恒屋
別 名 : −
築 城 :室町時代
初城主:恒屋氏
区 分 :山城
遺 構 :横堀,堀切,土塁
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan

 駐車場
恒屋地区の空地を利用
【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

前城の曲輪
前城の曲輪群

 現地の状況
 恒屋城は置塩城の3kmほど北に位置し、東に恒屋川、西に夢前川が流れる標高150mほどの独立した山(通称城山)の山頂から北尾根にかけて広い城域をもった中世城郭である。
 登城道は恒屋地区に入ると道路脇に案内板が出され、判りやすくされているのがありがたい。。

 山の北側から谷筋に沿って5分ほど登ると、忽然と右手に横堀が現れる。横堀は尾根に沿って50〜60mmほども続く。この堀に沿って後戻りする形で尾根を北に歩くと、横堀は堀切へと変化する。
 この堀切から北側尾根に未削平の曲輪が2段、更に一段高い主曲輪から3段の曲輪を連ね、西側には袖曲輪を伴っている。これら曲輪はきれいに削平されているのが印象的だ。
 この一連の曲輪だけでも、小さいながらもひとつの城郭の規模があるが、この恒屋城は更に10分ほども登った山頂にも2つの曲輪が確認できる。この間、直線距離にして400〜500m、比高差はおおよそ70〜80mと広大な城域をもっている。
 しかし、残念なことに山頂に至る途中から背丈ほどのクマザサが生い茂り、全貌を掴みきれない。
現地案内板によると、山頂の城を「後城」、北尾根の先端の城を「前城」と呼ぶのだそうである。


 城郭の歴史
 恒屋城の創築については諸説あるが、「播磨鑑」によると長禄2年(1458)築城されたとされ、赤松氏の家臣で恒屋北部を治めた恒屋氏が軍事拠点とした。
 天正4年(1576)豊臣秀吉によって攻められて恒屋城は落城し、恒屋氏もその時に滅んだとされる。

前城の堀切
前城の堀切



お薦めの書籍
お勧め度









HOME兵庫県の城郭

近江の城郭