播磨恒屋城
HOME兵庫県の城郭
 城郭の概要
所在地:姫路市夢前町前之庄三枝草
別 名 : −
築 城 :長寛2年(1160)
初城主:三枝氏
区 分 :平城
遺 構 : −
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan

 駐車場
宝積院の駐車場を利用
【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

宝積院山門
宝積院山門

 現地の状況
 三枝城は現在の宝積院が建てられている一帯とされ、周囲の地形からは一段高い高地にある。いかにもという地形ではある。

 この宝積院の本堂、および山門などの瓦には、ことごとく武田菱がついている。武田菱の紋を使っている寺は少なく、どのような由来なのか聞きたかったが、あいにくと不在であった。どうにも気になる寺である。


 城郭の歴史
 三枝城は三枝氏が10代、210年にわたって居城としていた城である。
 長寛2年(1160)三枝正頼が築城し、永和3年(1377)頼成の時、落雷により城は焼失した。その後、小野市に河合城を築き、三枝氏は移ったとされる。

 なお、宝積院は天台宗の寺院で、天安2年(858)玄常上人の開基とされる。
明王寺谷にあって松尾山明王寺と呼ばれていたが、、寛文年間(1661〜1673)に現在の三枝城跡に移り、的場山宝積院と改称された。
現地案内板の内容を編集
宝積院の本堂
宝積院の本堂


武田菱のついた本堂の丸瓦
武田菱のついた本堂の丸瓦



お薦めの書籍
お勧め度









HOME兵庫県の城郭

近江の城郭