妻鹿城(めがじょう)
HOME兵庫県の城郭
 城郭の概要
所在地:姫路市飾磨区妻鹿
別 名 :国府山城、功山城
築 城 :元弘3年(1333)
初城主:妻鹿長宗
区 分 :山城
遺 構 :曲輪、石垣(?)
城 域 : −


 現地への案内
交通機関は車を利用

 詳細位置はコチラ
mapfan

 駐車場
荒神社横のポンプ場前に駐車
【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

妻鹿城の石碑
妻鹿城の石碑

 現地の状況
 妻鹿城は姫路市内を流れる市川が瀬戸内海に流れ込む河口付近の左岸、標高102mの甲山(かぶとやま)の山頂付近に築かれている。

 甲山への登り口は山の西側にあり、市川の堤防下の荒神社参道横から山中に入る。約15分ほどで姫路市内を一望できる主曲輪に着くが、この間クマザサとブッシュが激しく、荒神社前の案内板に書かれていた縄張り図の曲輪はほとんど確認できない。

 かろうじて山頂の主曲輪、磐座(いわくら)、および南斜面に曲輪が確認できる程度で、淡い期待感をもって探した石垣は見つけられるはずもなく、空しく下山。
 12月の落葉期でさえ、このような状態なので春先から夏場に登る際は推して知るべしである。

市川と甲山
市川と甲山

 城郭の歴史
 妻鹿城は元弘の戦い(1330年頃)で武勲をあげた薩摩氏長の子孫・妻鹿孫三郎長宗が妻鹿地方を領し、功山(甲山)に城を築いたのを創築とする。

 その後、姫路城内で生まれた黒田官兵衛孝高の父職隆は、天正元年(1573)に姫路城から妻鹿城に移り居城とした。

また、天正8年(1580)三木城主別所長治を滅ぼし三木城を居城とした豊臣秀吉に、黒田官兵衛孝高は三木城が戦略的に不備であることを進言し、自らの居城である姫路城を秀吉に譲り、自らは父職隆の妻鹿城に移った。

 天正13年(1585)黒田職隆が没した後は、廃城となったとされている。なお、黒田職隆公の廟所は妻鹿町内にあり、町民に「筑前さん」と呼ばれ、親しまれている。

現地案内板記載の内容を編集

主曲輪
主曲輪



お薦めの書籍
お勧め度






お勧め度




HOME兵庫県の城郭

近江の城郭