有岡城(別名伊丹城
HOME兵庫県の城郭
 城郭の概要
所在地:伊丹市伊丹2丁目
別 名 :伊丹城
築 城 :南北朝期
初城主:伊丹氏
区 分 :平城
遺 構 :石垣、空堀,曲輪、井戸跡
城 域 :1600m×800m


 現地への案内
交通機関は車を利用
JR伊丹駅下車
 詳細位置はコチラ
mapfan

 駐車場
駐車場はなし
【訪 城】2005年10月,2007年8月
【撮 影】2005年10月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

史跡公園の曲輪と石垣
史跡公園の曲輪と石垣

 現地の状況
 有岡城は猪名川の西岸の河岸段丘を利用して築かれ、南北約1600m×東西約800mの広大な城域をもつ惣構の城であったとされる。

 本丸はJR伊丹駅を中心とした一帯であるが、駅の建設、道路の敷設で中核部のほとんどは失われ、現在ではJR伊丹駅の前に史跡公園として曲輪と、曲輪に伴う石垣、および空掘が整備・保存されているだけである。

この公園は本丸の北西隅にあたり、天守台は現在の伊丹駅の南西にある小高い地形をなしている忠魂碑のあたりではないかと推定されている。

 また惣構の拠点には岸の砦(北の砦),上臈塚砦,鵯塚砦を配置していたが、岸の砦(現猪名野神社)に土塁が残るのみで、市街化に伴い遺構のほとんどが失われている。

 唯一、戦国期における有岡城の有り様を想像することができるのが、JR伊丹駅の周辺地形である。JR伊丹駅の東側は猪名川が蛇行して流れ、猪名川との比高差は10mほどもあり、またJR伊丹駅の下り線ホーム西側は忠魂碑の伊丹台地の丘陵地形が迫っている。

 有岡城は西側に大手を開いていたとされるが、こうした段丘地形を背後にした“後堅固の城”であったことが窺える。

有岡城の天守台と推定される忠魂碑
有岡城の天守台と推定される忠魂碑


JR伊丹駅東を流れる猪名川
JR伊丹駅の東を流れる猪名川

 城郭の歴史
 有岡城は14世紀の南北朝期から約300年にわたってこの地を支配した豪族伊丹氏が猪名川の西岸に築いた居館を築いたのを創築とする。
 天正2年(1574)に伊丹氏が滅び、そのあとに入った織田信長の家臣荒木村重は惣構の城を築城し、伊丹城から有岡城へと改称した。

 天正7年(1579)、突如織田信長に反旗を翻した荒木村重は有岡城に籠城し、約1年にわたって抵抗するが、織田軍の前に有岡城は落城。
 荒木村重は単身で尼崎城へ脱出した後、有岡城に残された一族は、嫡男村次と末子の岩佐又兵衛を除いてことごとく処刑された。
 荒木村重がこの有岡城で籠城した際に黒田官兵衛孝高が幽閉されている。

 天正8年(1580)池田之助が城主となるが、天正11年(1583)美濃に転封された後は廃城となった。



近隣の史跡
荒村寺
伊丹1-15-2
荒村寺
 現在の寺号は寛政12年(1800)に伊丹郷町の堺町にあった庵室をこの地に移した時に荒木村重の古城の由緒をもって荒村庵と改名されたのがはじめとされる。
 荒木村重の菩提を弔うために建てられたとも伝えられている。

mapfan

墨染寺
伊丹市中央6丁目3-3
墨染寺
 有岡城惣構の西端にあり上臈塚砦はこの付近にあったとされる。
 境内の女郎塚には「天正7年(1579)12月23日落城」の文字が刻まれている。
 また、同じく境内には荒木村重の墓と伝えられる九層の石塔がある。

mapfan



お薦めの書籍

お勧め度




お勧め度







石垣に使われている転用石
石垣に使われている転用石
史跡公園の空堀
史跡公園の空堀
HOME兵庫県の城郭

近江の城郭