美濃 妻木城
HOME岐阜県の城郭
 城郭の概要
所在地:土岐市妻木町上郷
別 名 : −
築 城 :南北朝期
初城主:土岐頼重
区 分 :山城
遺 構 :石垣,堀切,土塁
城 域 : −
     比高 150m程度
県指定史跡
 現地への案内
交通機関
県道19号線と県道388号線との交差点を西へ2.5km

 詳細位置はコチラmapfan

 駐車場
大手道 2〜3台
搦手道 10台程度


【訪 城】
2003年3月
【撮 影】2003年3月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


妻木城本丸の石垣
妻木城本丸の石垣

 現地の状況
 妻木城は妻木川に沿って舌状尾根が美濃平野に張り出す尾根の先端に位置している。
登城ルートは県道388号線に面した妻木城屋敷跡から登る大手道と、県道19号線(土岐足助線)から名岐国際ゴルフ場に隣接する尾根から入る搦手道の二つがある。

 大手道は妻木城屋敷跡から屋敷跡の間の道を500mも進むと、左手に登城口の標識ある。ここに車を置き、25分ほど山を登る。
一方、搦手は名岐国際ゴルフ場への道に入り、100mほど進むと右手に未舗装の林道があり、林道の行止まりまでから北の雑木林の中に入ると、歩きやすい道がある。

 尾根筋を辿ると、5分ほどで二重堀切に出る。ここからは標識が立てられているので自由に廻ればよい。
山頂の本丸には八幡神社が祀られ、二の丸からはすこぶる眺望が良く妻木町を一望できる。

 本丸、二の丸等は石垣造りの近世城郭であるが、一歩裏手に廻ると削平も不完全な曲輪やほとんど手の入っていない道など、中世城郭の姿がそのまま残っている。


妻木城の縄張り
妻木城の縄張り

 城郭の歴史
 妻木城は土岐市の南部、妻木町を見下ろす標高409mの城山の山頂付近に築かれた山城である。
築城時期は定かではないが、歴応2年(1339)に土岐明智頼重(土岐明智氏、妻木氏の祖)が、祖父である美濃守護土岐頼貞の遺領を継ぎ、妻木郡の領主になった後に築城されたとされている。

 土岐明智氏は代々妻木郷を治めるが、戦国時代に入ると没落し、城主は一族の妻木氏に変わった。
妻木氏は織田信長の美濃進攻による動乱期に遠山氏、小里氏などの周辺領主が没落していく中で一貫して妻木郷を領した。

 妻木氏は関ヶ原の戦い(1600)に東軍(徳川方)に味方し、岩村城(恵那郡岩村町)を攻略する。その戦功により土岐郡内7500石の領主として三代続いたが、万治元年(1658)城主が急死し跡継ぎが無くなってお家は断絶、妻木城は廃城となった。
 山麓には御殿跡、士屋敷跡が残り、岐阜県指定史跡に指定されている。
HOME岐阜県の城郭


近江の城郭