桜洞城
HOME 岐阜県の城郭
【城郭の概要】
所在地:下呂市荻原町桜洞
別 名 :冬城
築 城 :永正年間(1504〜21)
初城主:三木直頼
区 分 :平城
遺 構 :石垣,堀,土塁
城 域 :144m×180m

町指定史跡


曲輪周囲に巡らせた空掘

【現地への案内】
国道41号線下呂市役所荻原庁舎の北、約500m
詳細位置はコチラ 


【駐車場桜洞公園の駐車場を利用
【訪 城】2004年4月
【撮 影】2004年4月


評価項目 見所評価(三段階評価)
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
 が多い方がお勧め (体力消耗度は大きい)
【現地の状況】
 桜洞公園からみると東側の断崖上にあり、公園から急斜面につけられた階段を登り切って、ビックリ、そこは広い台地だった。(^^)
桜洞城はこの台地の西側先端部に位置し、西に飛騨川、北に桜谷川が流れる要害地形に築かれている。
 周囲は田圃で、かろうじて城郭の一部が残っているに過ぎないが、高さ1〜2mの土塁と直角折れを入れた空堀が約20mにわたって残されている。また、周辺にはアチコチに石垣も残り、おそらく現在遺構の残っているあたりが中核部と推定される。
この中核部から離れた周辺の田圃にも至るところに石積みが見られ、どこまでが城郭遺構か区別できない。(^^;

【城郭の歴史】
 桜洞城を築いたのは三木大和守直頼であるとされ、もと飛騨守護京極氏の家臣であった三木氏の初代正頼が竹原郷を領したことに始まる。2代目久頼、3代重頼と京極氏の衰退に乗じて、三木市は益田郡を押領し4代直頼が阿多野、馬瀬の両郷をも支配し、桜洞城を築城し拠点とした。
その後、6代三木自綱(よりつな)が飛騨を平定し、天正7年に松倉城を築いて居城とした後は、桜洞城は三木氏の支城となった。天正13年9月、飛騨に侵攻した越前大野城主金森長近に松倉城を攻め落とされ、飛騨を金森長近が支配すると桜洞城も廃城となった。
HOME 岐阜県の城郭

近江の城郭